スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

熊本)高校野球 7月18日

2020年7月19日03時00分

 2020夏季熊本県高等学校野球大会は18日、城北と城南の2地区大会が開幕し、城北は5試合、城南は3試合が行われた。熊本市内大会は4試合があり、2回戦で鎮西を破った必由館が決勝トーナメントに一番乗りした。19日は4球場で計11試合が行われる。

     ◇

 2点を追う五回裏、1死一塁。「凌矢(りょうや)、任せた!」。ベンチからのひときわ大きな声援に背中を押されながら、熊本二の山下凌矢(3年)は打席に立った。4球目、狙っていた外角高めの直球を振り抜くと、右中間へと抜けて三塁打に。一塁走者が生還し、1点差まで迫った。湧くスタンドに顔を向け、軽くガッツポーズを決めた。

 5月に夏の甲子園の中止が決まり、野球への気持ちが途切れた。新型コロナウイルスの影響による休校が明けてからも、部活には戻らなかった。

 「お前がいたら違っていたのに」。練習試合でサヨナラ負けした話を仲間から聞くうちに、再び野球への熱意がよみがえった。2週間ほど遅れて復帰した。

 この日は先頭打者として「チームを活気づけたい」と、初回に右前安打で出塁し、先制の本塁を踏んだ。五回も三塁上で後続を待ったが、あと一歩及ばなかった。「チーム全体でやる野球は楽しかった。このメンバーで野球ができて良かった」。試合後、すがすがしい笑顔を見せた。(井岡諒)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報