スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)高校野球 7月18日

2020年7月19日03時00分

 夏季青森県高校野球大会(県高校野球連盟主催、日本高校野球連盟、朝日新聞社など後援)は18日、4球場で2回戦8試合が行われた。一進一退の熱戦となった弘前―青森の試合は、青森が終盤に突き放して3回戦に進んだ。19日も2回戦8試合が4球場で予定されている。

     ◇

 八回表2死三塁。守る五所川原の捕手葛西秀飛(しゅうと)(3年)は、「ここが勝負どころ」と感じていた。

 打席に迎えた弘前工の溝江結有(ゆう)(3年)は1回戦で4安打と好調。この日の試合でもすでに2安打を浴びていた。追う点差は2点、これ以上の失点はなんとしても避けたい。

 だが、葛西には自信があった。試合中盤まで内角中心に配球したため、「相手はインコースを意識しているはず」。外角低めのスライダーで内野ゴロに打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 この日、五所川原は2年生投手3人が登板。先発のエース神宏太は制球が定まらず、四死球を連発した。それでも「投げたいボールを投げさせるのが僕の役割」と葛西。「強気でいけ」と鼓舞し続けた。

 九回裏、粘る五所川原は1死満塁に持ち込んだ。走者一掃なら逆転サヨナラ。だが後続がダブルプレーに倒れ、ゲームセット。

 神は試合後、「いつも思いっきり投げろと言ってくれた。もっと一緒に野球がしたかった」と悔しさをにじませた。葛西は「たのもしい後輩だった。この経験を来年に生かしてほしい」。念願だったベスト8の夢を託した。(藤谷和広)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ