スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

9年前の夏は4強、今は部員2人 廃部の危機を救いたい

2020年7月18日16時15分

 かつて夏の新潟大会で4強入りし、新潟市内の実力校として知られた白根。近年は部員不足のため、一時は廃部の危機にも瀕(ひん)した。たった1人の3年生は入部間もない1年生と連合チームに加わり、今夏の大会に挑む。

 大会を控えた13日夕、佐藤豪(3年)が黙々とティーバッティングを続けていた。南区の学校に併設されたグラウンドはナイター照明が整い、内野は水はけがよい黒土だ。バックネット裏には、地域の人が練習や試合を見られるようにベンチが置かれている。

 だが、練習するのは佐藤と4月に入部した伊藤翼(1年)の2人。その様子を監督の小林聡(51)が見つめる。他校の監督だった約10年前、このグラウンドで白根と対戦した。「バックネット裏でたくさんの地域の人が試合を見守っていた。地元に愛されている野球部だなと思った」と当時の印象を語る。

 創部は1963年。夏の新潟大会で一昨年は16強、2011年には4強入り。昨夏の新潟大会後に、3年生が引退すると、部員は佐藤1人だけに。白根が廃部になれば、新潟市南区から野球部はなくなる事態にもなっていた。秋の大会は、連合チームで出場。今夏は吉田、阿賀野、村松との4校連合チームで参加する。

 連合チーム主将の佐藤は「週に集まれるのは週末のほぼ1回。併殺や挟殺などの連係プレーを完成させるのは難しい」と出場の難しさを感じる。新型コロナの影響で、部活動の再開は大会開幕の約1カ月前。梅雨も重なり、これまでできた合同練習や試合は1度ずつしかない。

 だが「悪いことばかりではない」と前向きにとらえている。伊藤の入部だ。野球経験はないが、プロ野球観戦が好きで入部したという。「未経験なのに、すごく筋がいい」と佐藤はうれしそうな表情で語る。

 「勝ちたい。勝てば入部しようと思う人もいるかもしれない」。佐藤は、グラウンドでバットを振り続けている。

 連合チームは19日に六日町との初戦を迎える。(谷瞳兒)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ