スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮城)高校野球 7月15日

2020年7月16日03時00分

 大会5日目の15日は、県内2球場で3試合があった。小雨がぱらつく時間帯はあったものの、中断や遅延はなく、いずれもコールド試合となった。

 仙台東は19安打で16点を挙げ、七回コールドで名取に勝利。黒川は先発の松村が投打に活躍し、亘理に五回コールド勝ち。仙台南は着実に加点して、六回コールドで一迫商・岩ケ崎・岩出山連合を破った。

     ◇

 四回表。2死三塁のピンチに3校連合の主将、千葉蒼太君(岩ケ崎、3年)は救援登板した。交代の時に捕手の松浦力樹君(岩出山、3年)が駆け寄ってきた。「インコースも有効に使うから」。「よろしく」と一言返す。

 1点を失い、さらに四球や単打で満塁。それでも、何とか落ち着いた投球で切り抜けた。

 岩ケ崎、岩出山、一迫商が合同で練習できたのは6月後半から。練習試合は1度きりだ。千葉君は「自分から話すタイプではない」(佐々木伸監督)ものの、初めてバッテリーを組む松浦君とは試合や練習の合間に声をかけあった。

 佐々木監督には「他校の部員に積極的に声をかけることで、チームを引っ張ろうとしていた」と映る。

 だが、五回にもピンチを迎えた。打者2人を連続で三振に取った後、四死球や安打が重なって満塁。四球で押し出しとなり、後に託した。それでも試合後、千葉君は充実していた。「仲間として今後も交流できたらいいな」(近藤咲子)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報