スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分)高校野球 7月15日

2020年7月16日03時00分

 2020県高校野球大会は15日、曇り空のもとで1回戦3試合があった。大会第1号本塁打が出た第3試合は、初の延長戦にもつれこんだ。16日は昨夏の覇者・藤蔭と古豪・津久見の対戦など、1回戦3試合が予定されている。

     ◇

 主力の多くが高田中時代に県総体で連覇した世代。そんな高田が、大会初の延長戦にもつれ込んだ熱戦を全力で戦い抜いた。

 選手権大分大会が中止になり、仲間と積み重ねてきた野球が締めくくれぬまま終わる不安があった。だが、それぞれが最後の舞台があると信じ、腐らずに自主練習を重ねてきた。

 一回、右中間席に林斗也君(3年)が先制の大会第1号本塁打をたたき込んだ。「長いやつだと小学校から一緒。1試合でも多く野球がしたかった」

 2点差の九回、1死二、三塁の好機に主将の香園大和君(3年)がショートに強い打球を放って同点につなげた。「このメンバーで最後の野球。楽しんでやると決めていた。胸を張って帰ります」と話した。(寿柳聡)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報