スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田)高校野球 7月15日

2020年7月16日03時00分

 2020秋田県高校野球大会は15日、3回戦2試合があり、8強が出そろった。秋田商―秋田は接戦の末、秋田商が勝利。秋田は2点を追う五回に菊池翔選手(3年)の右越え適時二塁打などで一挙3得点し一時逆転。だが七回、秋田商が八柳光佑選手(3年)の右中間適時打などで2点加点し、巻き返した。横手清陵―増田は横手清陵が準々決勝進出。増田は打者を再三得点圏に進めたものの、横手清陵の佐藤遥稀、南大河の両投手(いずれも3年)に要所で打ち取られた。準々決勝は健康管理日明けの18、19日に行われる。

     ◇

 同点で迎えた七回裏2死三塁、この回表に左翼手として途中出場したばかりの秋田商の背番号17番、八柳光佑(やつやなぎこうすけ)選手(3年)が打席に入った。「積極的に打っていこう」。2球目、外角のスライダーを思い切り振り抜くと、打球は右中間へ。勝ち越しの適時打となり、二塁上で笑顔がこぼれた。

 レギュラー選手と比べて打席数が少ない中、最初のストライクを全力で振ることを練習試合から心がけてきた。冬は4時間近くを打撃練習に注いで振り切る力を磨いた。この日の試合。準備してきた通り、1球目のボール球は見送り、2球目のストライクを確実にとらえた。

 控え選手の活躍にチームも奮起した。石川陸斗投手(3年)は「なかなか試合に出られなくても、日頃誰よりも頑張って練習している彼が打ってくれたので、自分もようやく火がついた」。続く八、九回を三者凡退に抑えた。

 次は準々決勝。八柳選手は「出番があるとしたら、きょうと同じように守備も攻撃も全力でいきたい」と力強く話した。(高橋杏璃)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報