スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田)高校野球 7月14日

2020年7月15日03時00分

 2020秋田県高校野球大会は14日、3回戦6試合があり、8強入りの6校が決まった。由利―秋田南は八回まで両者無失点の息詰まる投手戦となったが、九回に奥山瑠希也選手(3年)が放った中前適時打が決勝打となり、由利が勝利。今試合が公式戦初先発となった由利の関優心投手(2年)は8奪三振で完封した。湯沢翔北―横手は横手が一時逆転したものの、湯沢翔北の2投手に要所を締められ惜敗。昨秋優勝校の能代松陽は、能代工を1点に抑えて勝ち星を挙げた。15日は3回戦の残り2試合がある。

     ◇

 前日に昨夏王者の秋田中央に逆転勝利して波に乗った秋田西だったが、明桜の好投手相手に打線が沈黙した。チーム全体の安打は3本。「今までやってきた野球では経験したことのない投手だった」。秋田西の加藤星那(せな)主将(3年)は振り返った。

 主将としてみんなの手本となりたい。その一心で地道な努力を重ねてきた。休校期間中、素振り1千回の自主練習を毎日継続。学校ではバッティングマシンを近づけて設置し、150キロ近い球に体を慣らす速球対策をしてきた。居残り練習として、毎日300本のノックを受けて守備力も磨いた。

 努力が実を結び、秋田中央戦では適時打となる長打を2本放って勝利に大きく貢献。自信を胸に臨んだこの日の試合だったが、実際に対峙(たいじ)した明桜の投球は、想定を上回っていた。2投手の速度以上にキレのある投球に手が出ず、全打席空振り三振に倒れた。

 だが守備では三回裏、遊撃手として鋭い打球を好捕し、練習の成果を出してみせた。伊藤洋徳(ひろのり)監督は「3年間で一番のプレーだった」とたたえた。

 昨年は夏も秋も初戦敗退だったが、今大会は躍進。「まだみんなと野球がしたかった。勝てなくて、(1、2回戦で対戦した)西目や中央に申し訳ない」。悔しさだけではない、勝ち上がったからこその責任感が宿る主将の言葉が、チームのさらなる飛躍を予感させる。「後輩たちはさらに上のステージを目指して、全県1位を目標に練習してほしい」(高橋杏璃)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報