スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)高校野球 7月14日

2020年7月15日03時00分

 夏季県高校野球大会(県高校野球連盟主催、日本高校野球連盟、朝日新聞社など後援)が14日、開幕した。4球場で1回戦8試合が行われ、昨年の青森大会で優勝した八戸学院光星は黒石商を5回コールドで下した。15日も4球場で8試合が予定されている。

     ◇

 六戸・六ケ所・野辺地は3校が集まった連合チーム。別々のユニホームでグラウンドに立ち、夏の1勝に挑んだ。

 チャンスは試合開始直後に訪れた。一回表2死三塁、4番の原子翔(はらこかける、野辺地・3年)が左打席に入る。

 「ここで打たなきゃ4番じゃない」。2ストライクに追い込まれたが、外角低めの直球をとらえてレフト前へ。三塁走者が生還し、先制点を挙げた。

 その裏のマウンドに上がったエースの神大樹(じんだいき、六ケ所・3年)は、相手打線を三者凡退に抑えた。「高校3年間で一番いい状態だった」。直球は低めに集まり、スライダーもさえて、4回まで2失点と粘った。

 だが5回、1死満塁から相手の4番打者に適時打を浴び、勝ち越された。捕手の原子が「自信持って、一つ一つアウトをとっていこう」と声をかけたが、試合の流れは相手に移っていた。連続安打や味方のエラーなどでこの回8失点。打球が風に流されて外野手の頭を越えるなど、不運も重なった。

 神は5回で降板し、チームも7回コールドで敗れたが、原子は「やりきった」とすがすがしい表情を見せた。神の目にも涙はなかった。「精いっぱい投げた」

 連合チームの主将を務めた鈴木優斗(六戸・3年)は「試合ができるだけでうれしい。感謝しながら臨んだ」。3校集まっての練習は週末だけ。「最初はぎこちなかったが、お互い刺激し合い、成長することができた」と振り返る。

 単独で出場することに未練はなかったのか――。記者の質問に鈴木は笑顔で答えた。「このメンバーで野球ができてよかった」(藤谷和広)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ