スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形)高校野球 7月12日

2020年7月14日03時00分

 「山形県高校野球大会2020」(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は12日、6球場で1、2回戦10試合があった。雨で2時間半近く中断した試合もあったが、鶴岡東など6チームが3回戦進出を決めた。18日は2回戦8試合がある。

     ◇

 今春の選抜大会出場校に選ばれた鶴岡東に挑んだ鶴岡中央。井上蒼太主将(3年)は「大差で負けて悔しい。力を出せなかった」。だが、表情に暗さは感じられなかった。

 対戦が決まると、楽しみな気持ちも沸いてきたという。「強豪校の実力を直接、感じることができる」。選手は9人。打撃練習では、その後の球拾いにも苦労するが、速球への対応などを繰り返した。

 試合前のメンバー表の交換。鶴岡東・鈴木喬主将(3年)の手を間近に見て感心した。「ゴツゴツしていた。バットを相当振り込んでいるんだなあ」と。試合でも、鶴岡東の各打者に鋭い打球を飛ばされた。「振りが違いました」

 自身を含めて、チームにはやはり緊張もあったという。一回に大量失点。渡会聡監督の助言を伝える役目の選手はベンチにいない。失点が続く中、遊撃手の井上主将はマウンドに仲間を集め、笑顔で声をかけた。「思いっきり低めに投げろ」「しっかり守ろう」

 できるだけ長いイニングを戦おう――。実はそんな目標があったという。五回コールド負けだったが、「楽しかった」と井上主将。

 3年生5人が抜ければ、下級生たちに部員不足の苦労や悩みは残る。それでも強豪校との試合は、チームの大きな財産になったと思う。「部活は辞めないでほしい。連合チームでもいい。今度は何とか9イニング戦ってほしい」(佐藤孝則)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報