スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山口)高校野球 7月12日

2020年7月14日03時00分

 「やまぐち高校生2020メモリアルカップ夏季高校野球大会(山口県高野連主催)」は12日、3球場で1回戦8試合があった。柳井、下松、下松工がコールド勝ち。光丘・光は、統合のため「光丘」の校名が残る最後の大会だったが、姿を消した。雨のため、オーヴィジョン下関で予定されていた1回戦2試合は18日に順延となった。準々決勝以降の予定に変更はない。

     ◇

 防府西の主将で、三塁手の田中嗣音君(3年)には背中を追う兄の存在があった。昨年、山口高校ラグビー部で主将だった奨也さん(19)。キャプテンシーは兄から学んだ。

 下松工との試合は、序盤から苦しい展開が続いた。塁に走者がたまる度、自らマウンドに駆け寄って間を取った。8点差に広げられた直後の六回には、円陣を組んでチームを鼓舞した。その裏、2人かえればコールド負けという場面では力まずに三ゴロを処理し、併殺でピンチをしのいだ。《俺のところに飛んでこいと思っていた。こっからや!》。気持ちがこもっていた。

 昨夏の新チーム発足後に主将になった。だが当初、チームは時間にルーズな面があり、まとまりに欠けていた。練習に身が入らない日もあった。

 一方でその年、奨也さんはチームを率いて全国高校ラグビー大会への出場を決めた。花園の舞台で、相手の球を奪う「ジャッカル」を決めるフランカーの兄を見た。「自分よりチームのために」。教えられたような気がした。

 自分がどのように振る舞えばチームが良くなるか――。今春から、「主将力」と題したノートをつくり、川村雄一郎監督に定期的に提出した。チームメートも次第についてきてくれた。

 この日、試合には敗れたが、スタンドで見守った奨也さんは「ちゃんとキャプテンやってるな」。頼もしく感じた。

 「今までになく濃い1年だった。でも不完全燃焼」。兄と同じ全国の舞台をめざすため、卒業後も野球を続けると決めている。(高橋豪)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報