スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

徳島)高校野球 7月12日

2020年7月14日03時00分

 徳島県高校優勝野球大会(県高野連主催、県教委、日本高野連、朝日新聞社後援)が12日、鳴門市のオロナミンC球場で開幕し、1回戦3試合があった。鳴門渦潮、徳島科技、徳島商が2回戦に進出した。18日には同球場と阿南市のJAアグリあなんスタジアムで1回戦5試合がある。

     ◇

 7点を追う八回裏、城ノ内の2番前田真宏君(2年)が左打席に入った。1死一、三塁。安打を打てば「コールド負け」を回避できる。「3年生に一つでも打席を回そう」。打席のぎりぎりまで前方に立ってコンパクトな振りを心がけた。初球を引っ張って右翼手前へ。適時打となり5点目が入った。後続を断たれたが、チームは九回を迎えることができた。

 徳島科技は昨夏の徳島大会の1回戦の対戦相手。この時は1―11の6回コールド負けだった。同じカードで再びコールドを喫するわけにはいかなかった。

 昨秋までは3番打者だった。振りの大きい打撃を心がけていたが、西宮守監督から、「バットに当てるのがうまい」と言われ、この春2番に移った。新型コロナウイルスや雨の影響で思うように練習ができなかったが、屋内でバドミントンのシャトルを打って、球を引き付けてミートする打撃を磨いた。この日、4打数2安打と成果を出せた。

 一回途中から、八回までをロングリリーフし、うち三回から七回まで無失点と粘りの投球をみせた小崎亮太君も2年生。十分な調整ができず、力を出せなかった3年生を2年生がカバーした。増田歩紋主将(3年)は「初戦突破は果たせなかったが、次の夏こそ1勝してもらいたい」とチームを託した。(雨宮徹)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報