スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

声援自粛、一礼も無言で…高校野球独自大会が続々開幕

2020年7月11日12時26分

 第102回全国高校野球選手権大会が中止になったことを受けて、各都道府県の高校野球連盟が主催する独自の大会(日本高野連、朝日新聞社など後援)が11日、13道府県で一斉に開幕した。甲子園を目指す戦いではなくなったが、消毒や検温など新型コロナウイルスの感染予防策を講じながら、全国各地で球児たちの夏が始まった。

 「甲子園中止が決定し、もう野球ができないのではないか。そんな絶望から救ってくれたのはこの大会の存在でした。今やるべきことを全力でやり、希望を持って前に進んでいく姿を全国に発信します」。11日午前、鳥取県の独自大会で、米子東の平山悠斗主将(3年)がこう選手宣誓した。

 「3密」を防ぐため入場行進はせず、マスクを着けた3年生のみがグラウンドに間隔を空けて整列した。

 独自大会の開催にあたり、日本高野連は感染防止対策ガイドラインを示した。各都道府県の高野連はその指針に基づき、独自の対策も盛り込んでいる。

 「スタンドでの声援は自粛し、両校のプレーに拍手を送ってください」。宮城県の独自大会では、第1試合が始まる午前10時前、石巻市民球場(石巻市)で注意を呼びかけるアナウンスが流れた。

 スタンドにいるのは、控えの選手と保護者だけ。マスク姿で、互いに間隔を空けて席を取る。球場に入る際には、受付で体温や行動記録を伝え、受け取ったパスを首からさげた。先発メンバー発表で選手の名前が読み上げられると、小さな声で「がんばれー」と呼びかけ、拍手を送っていた。

 試合開始前のあいさつでは、整列した両チームの選手が無言で互いに一礼。円陣を組んだり大声を出したりするのは自粛で、握手やハイタッチも禁止だ。試合中の伝令の際も、グラブで口を必ず覆う。試合後の校歌斉唱も発声禁止となり、CDを流す。

 広島県高野連は原則無観客での開催とし、観戦できる保護者を3年生1人につき2人に限定した。保護者たちは、朝の体温などをチームごとの名簿に記入し、球場入り口で提出する。観客席ではマスク姿の選手や保護者らが間隔を空けて座り、安打が出ても大声は出さずに拍手を送った。

 三次きんさいスタジアム(三次市)を訪れた広島新庄野球部の保護者会長、松元智也さん(45)は「3年生の保護者にとっても区切りとなる大会。見られるようになってうれしい」と話した。

 京都府でも11日に開幕。球場に出入りする人には、試合日の2週間前からの検温と2日前からの行動記録を義務化。球場ではスタンドの入り口と一、三塁側ベンチに消毒液を置いた。

 静岡県では、梅雨前線の停滞で断続的に雨が降り、開始時刻が遅れたり、試合が中断したりと、空模様を眺めながらのスタートとなった。コロナ禍による休校で選手の体力が低下していることや、日程が限られたことから、1試合7イニング制になる。感染拡大防止のため移動距離を減らそうと、県を東西2ブロックに分け、勝ち上がった4校が準決勝に臨む。

 石川県大会では、開会式を取りやめた。その代わりに県高野連が、選手宣誓や入場行進などを事前収録した動画「バーチャル開会式」を地元の北陸朝日放送と共に制作。10日夜に高校野球情報サイト「バーチャル高校野球」上で配信した。動画では、43チームが事前に撮った行進が映し出され、チーム紹介のナレーションが流れた。

 先行して4日に始まった愛知県の大会には、対策状況を視察しようと、これまでに他県の高野連関係者が訪れた。愛知県高野連の鶴田賀宣副理事長(58)は「コロナだけでなく、大雨による災害で苦しんでいる方も多い。最後まで安全、健康を最優先に運営していきたい」と話す。

 ■独自大会、すべての都道府県で予定

 独自大会はすべての都道府県で予定されている。6月21日に開幕した福岡を皮切りに、岩手、秋田、愛知、鹿児島、沖縄の計6県ですでに始まっている。

 11日には17道府県で開幕する予定だったが、雨の影響で岐阜、佐賀、熊本、徳島の4県は12日以降への延期が決まった。熊本は参加校の被害が甚大だなどとして、大会規模を縮小した。県内3地区ごとの大会だけを行い、地区代表が戦う県大会は実施しない。18日には東京や大阪などを含む15都府県で開幕する予定だ。

 8月10日からは、今春の選抜高校野球大会に出場予定だった32校が参加する「2020年甲子園高校野球交流試合」(日本高野連主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)が、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれる。

 ■独自大会の開幕予定日■

【11日】

南北海道、宮城、山形、茨城、静岡、三重、石川、京都、広島、鳥取、山口、長崎、宮崎

【12日】

徳島、佐賀、熊本

【14日】

青森、大分

【17日】

北北海道、島根

【18日】

福島、栃木、群馬、東東京、西東京、新潟、長野、岐阜、福井、滋賀、大阪、兵庫、奈良、和歌山、岡山、高知

【23日】

山梨、富山、香川

【8月以降】

神奈川、愛媛(1日)、千葉(2日)、埼玉(8日)

【開幕済み】

岩手、秋田、愛知、福岡、鹿児島、沖縄

こんな特集も

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報