スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)明石商は桐生第一と対戦 甲子園交流試合

2020年7月9日10時14分

 8日にあった甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の抽選で、明石商は8月16日の第1試合で桐生第一(群馬)と対戦することが決まった。来田涼斗主将は「3年間の集大成として、最後まであきらめずに戦い抜きたい」と意気込んだ。

 桐生第一は、昨秋の群馬県大会で優勝し、関東大会でも4強に進んだ強豪。「強豪と当たりたい」と話していた来田主将。オンライン抽選の後、ウェブカメラ越しに「(桐生第一は)投打ともに選手がそろっている。宮下(宝)投手は制球力が高く、強打の選手が多い」と印象を語った。

 一方、桐生第一の広瀬智也主将は、明石商について「投打ともにレベルの高いチーム。最高の舞台で最高のチームとできることが幸せです」と話した。

 明石商の選手たちは、土日に練習試合を重ねるなどして上り調子。エースの中森俊介投手は4日の智弁和歌山との練習試合で5回11奪三振の好投を見せた。来田主将は「休校期間を終えて、チーム全体で(選手の)体が大きくなって、打撃力が増した。できると思っていなかった甲子園で野球ができることに感謝したい」と話した。(森下友貴、滝坪潤一)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ