スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)履正社―星稜、大阪桐蔭―東海大相模、強豪対決に

2020年7月9日09時00分

 新型コロナウイルスの影響で中止された今春の選抜高校野球大会の代替試合として開かれる2020年甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせが8日決まった。大阪勢2校は、履正社(豊中市)が8月15日の第1試合で星稜(石川)と、大阪桐蔭(大東市)は同17日の第1試合で東海大相模(神奈川)と対戦する。

 抽選会はオンラインで実施された。参加32校の主将がくじを選び、中継映像でそれぞれコメントした。

 履正社と星稜は、昨夏の全国選手権大会決勝と同じカードになった。昨夏は控え捕手としてベンチ入りし、初の全国制覇を経験した履正社の関本勇輔主将(3年)は「投打ともにレベルが高いチーム。常に感謝の気持ちを持って、全力で頑張っていきたい」と意気込んだ。岡田龍生監督は「ドラマやな。こんなわくわくする楽しみな試合はない」とほおを緩めた。

 大阪桐蔭と対戦する東海大相模は、春夏の甲子園で計4度優勝の強豪だ。昨秋の関東大会では4強入りした。大阪桐蔭の薮井駿之裕(しゅんのすけ)主将(3年)は「打力が高いチームだと思う。一人ひとり高い意識を持って練習できている。感謝の気持ちを持って全力プレーで頑張りたい」と力を込めた。西谷浩一監督は「自分たちが目指してきた野球の集大成にするため、メンバーだけでなく、全員で戦いたい」と語った。

 交流試合は8月10~12日、15~17日の計6日間で、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で各校が1試合ずつ戦う。すべて無観客試合になる。(浅沼愛、寺尾佳恵)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ