スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東京)抽選会で対戦相手決まる 高校野球独自大会

2020年7月5日09時00分

 2020年夏季東西東京都高校野球大会(都高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が4日、三鷹市のJ:COM三鷹スタジオで開かれた。開会式はなく、18日から11球場で一斉に始まる。順調に進めば、決勝は西大会が8月7日にダイワハウススタジアム八王子で、東大会が同8日に大田スタジアムで行われる。球場と試合開始時刻は対戦校の交通の便などを考慮し、都高野連が今月7日午後0時半にホームページで発表する。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、第102回全国高校野球選手権大会が中止となったため、今大会は都高野連が独自に実施する。優勝校同士が東京一を争う東西決戦は8月10日正午から、ダイワハウススタジアム八王子である。

 例年なら抽選会は、主将らが番号札を読み上げ、トーナメント表にかける方式だった。しかし、今回は感染防止策として会場に人が集まる3密を避けるため、都高野連の東西大会委員長が代理抽選した。抽選会を前に、武井克時専務理事は「3年生が培ってきたものを発揮できる場、集大成の場をつくってあげたくて、関係者で準備してきた。思い出深い、すばらしい大会になることを祈願している」とあいさつ。無観客で開催することに理解を求めた。

 都高野連の加盟は、東東京が140校、西東京が132校。今大会には東大会に131校122チーム、西大会に126校121チームが参加する。連合を組むのは東が「足立東・北豊島工・三商・日本橋」「荒川商・葛西南・つばさ総合・八丈」「大山・蒲田・橘・六郷工科」、西は「五日市・大東学園」「多摩・町田工」「東京農・東村山・府中」「八王子桑志・山崎」の計7チーム。

 春の都大会が行われなかったことから、今大会は昨秋の都大会を参考に東西8校ずつのシード校を決めた。シード校はこれまで3回戦から登場してきたが、今回は1、2回戦から登場する。

 抽選の結果、1回戦から甲子園出場経験のある強豪や実力校同士の好カードが組まれた。東大会では、二松学舎大付と文京、小山台と東京実が対戦。西大会では、早稲田実と八王子、佼成学園と国学院久我山が初戦でぶつかるなど熱戦が繰り広げられそうだ。

     ◇

 昨夏の東東京大会を制した関東第一はこの日、専大松戸(千葉)との練習試合に臨んだ。米沢貴光監督は「甲子園という目標を失われた中、独自大会だけが選手のモチベーションだ」と話す。「大会が中止にならず、1試合でも戦わせてあげられたら」と話した。

 渡辺貴斗主将は、対戦相手の決定に「緊張感が出てきた」と笑みがこぼれた。昨秋の都大会では帝京に敗れて選抜への夢が消えた。今大会は、ともに勝ち上がれば、東東京大会の決勝で帝京と対戦する。「優勝して、笑顔で高校野球を卒業したい」と決意を語った。

 一昨年から2年連続で東東京大会で準優勝した小山台の上江洲礼記主将は「仲間と一日でも長く野球をしたい」と意気込んだ。初戦は東京実と対戦する。「実力ある相手。厳しい戦いになる。初戦は大事に入りたい」と話す。

 6月中旬に3カ月ぶりに練習を再開した。3年間信じてきた「全員野球」を大切に今大会に臨む。応援してくれた周りの人に、感謝の思いを届けたいという。「この大会は『思い出づくり』という声もあるが、そうではない。自分たちは甲子園を目指して本気でやってきた。まずは東東京大会を優勝したい」

 昨秋の都大会で優勝し、今春の選抜に出場予定だった国士舘。西東京大会の同じブロックに、甲子園経験のある早稲田実、八王子、日大鶴ケ丘や、昨夏に初戦で敗れた日野も入った。永田昌弘監督は「昨秋の優勝がフロックと言われないように戦うだけ。私も選手も思いは一緒」と話した。

 8月の「甲子園交流試合」に招待されたが、今大会は甲子園の切符を競う場ではない。ベンチ入りは3年生のみとし、毎試合入れ替えながら全30人で臨むという。「楽しみながら戦う。どこが相手でも頑張るだけ」(抜井規泰、関口佳代子、木村浩之)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報