スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)高校野球 7月31日

2020年8月1日03時00分

 令和2年大阪府高校野球大会(府高野連主催、日本高野連、朝日新聞社など後援)は31日、2回戦3試合があった。関大一は追手門学院を無失点に抑え、大体大浪商は七回の本塁打で逆転勝ちした。槻の木―吹田は雨天ノーゲームになった。雨による中止が相次ぎ、府高野連は8月10日に予定の準決勝で大会を打ち切ると決めた。1日は一部で日程の変更があり、1~3回戦6試合がある。

     ◇

 2―1で迎えた七回表、堺の一ノ瀬海(かい)君(3年)が3人目でマウンドに上がった。予定通りの継投策。「ここまで投げた2人が接戦の展開に持ち込んでくれた」。エースの意地として抑えるつもりだった。

 相手の5番打者と対峙(たいじ)した2死二塁、カーブが狙いよりも高めに入った。「打たれるかも」と思った瞬間、打球は左越え2点本塁打となり、逆転を許した。

 一ノ瀬君たちの学年は私学に敗れることが多かった。昨夏の3回戦も、初芝立命館に7回コールド負け。そしてチームは「打倒私学」を目標に掲げた。

 打ち勝つチームを目指し、打撃練習に8割ほどの時間を割いた。「速球にも食らいつけるようになった」と主将の飯田智就(ともなり)君(3年)。

 この日の初戦は私学の大体大浪商との対決になった。堺は二回に一ノ瀬君の適時打で先制し、五回にも適時打で1点を加えるなど、磨き上げた打撃で中盤までリードした。

 息詰まる接戦。一ノ瀬君は、積極的にバットを振ってくる相手打線を警戒し、「低めの球を投げて、打たせてとる」と心がけて臨んだ。だが、終盤は相手の勢いに火がついた。九回に2本目の本塁打を浴びるなどして一気に突き放された。

 試合後、一ノ瀬君は「まっすぐも変化球も、芯で捉えられた。まだまだ自分の力が及ばなかった」と悔しそうに語った。

 「今までいろんなピンチを背負って守り抜いてくれた。ありがとう」と飯田君がねぎらった。一ノ瀬君も「全部出し切れました」とほっとしたように笑った。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ