スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球 7月31日

2020年8月1日03時00分

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」(県高野連主催、日本高野連、朝日新聞社後援)は31日、3回戦3試合があった。選手権和歌山大会とは別大会ではあるが、和歌山東は2年ぶり、桐蔭は4年連続、箕島は2年連続の夏8強入りをそれぞれ決めた。

     ◇

 有田中央のエース・矢舩叶憂也(とうや)君(3年)は初回に1点を失ったが、その後は緩急をつけた投球で和歌山東打線の打ち気をそらした。走者を背負ってもポーカーフェースで連打は許さない。捕手の村田貴弘君(3年)は「変化球の制球が低めに定まり、内角の直球も決まっていた」。矢舩君も「直球で空振りがとれていた」と振り返る。

 しかし、八回、先頭打者を三振とした後の2人目。2―2となり、6球目を右翼スタンドへ運ばれた。矢舩君は打球を見送り、マウンド上で肩を落とした。「コースは甘くなかったが、高かった」

 だが、すぐに気持ちを切り替える。捕邪飛、空振り三振で切り抜けた。村田君は「矢舩はピンチでも落ち着いている。心に余裕を持っているんだと思う」。

 九回は、スタミナ切れから初の連打を浴び、3失点。その裏、有田中央は2四球と安打で2死満塁とし、矢舩君が打席へ。「僕で終わりでいいかな、と思った。ただ、空振りだけは避けたかった」。4球目は一塁への飛球となり、試合が終わった。

 有田中央はこの大会、選手11人で挑み、和歌山北に6―2と4年ぶりの夏の勝利を挙げた。和歌山北は、矢舩君の兄が有田中央のエースだった2年前、初戦で敗れた相手でもあった。

 高校卒業後、野球を続けるつもりはないという矢舩君。「久しぶりに初戦突破できたし、コールド負けを覚悟していた強豪校相手によくやった。十分です」。落ち着いた口調で、そう言い切った。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ