スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

祖父も父も兄も甲子園出場 次を見据えて握る木製バット

2020年7月31日16時30分

 (30日、京都独自大会 龍谷大平安7-0京都成章)

 木製バットを持ち、龍谷大平安の主砲・奥村真大(まさひろ)君(3年)が、この日の2回目の打席に立った。

 2点をリードした三回表。2死で走者はなし。「自分が引っ張っていかないと」と気合を入れる。

 相手は京都成章のエース、杉本琉成(りゅうせい)君(3年)。その前の京都国際戦で、ドラフト注目の2打者を含む相手打線を、被安打1で完封した投手だ。

 奥村君もプロ志望。打ち取られたくはない。ぎりぎりまで視線をそらさず球筋を見極める。集中するため味方ベンチすら見ない。

 粘って10球目、低めのスライダーに「いける」と直感してスイング。打球は遊撃手をかすめて左前へ。初回の二塁打に続くヒットだ。チームはこの回、2点を追加。流れに乗った。

 奥村君は野球一家に生まれ育った。祖父も父親も兄も甲子園経験者。兄の展征(のぶゆき)さん(25)は、ヤクルトスワローズの内野手だ。

 自身も3歳でバットを握り、中学では関西選抜入り。中3のとき、龍谷大平安の練習試合で原田英彦監督(60)の指導を見て「この人となら甲子園に行ける」と直感し入学、1年の夏に代打ながら早々と甲子園に出場してみせた。

 ただ、3年の夏の甲子園は「満員のスタンド。負けたら引退。特別な大会です」。中止の衝撃は大きかった。それもあってか、コロナ禍で休校中、プロ入りを夢でなく、目標として具体的に意識するように。「金属バットで練習しても意味がない」。そう豪語し、プロのように木製バットを使い始めた。

 木製は芯に当てないと打球が飛ばず、金属製よりも使いにくい。だが、今大会は4試合で11打数5安打、1本塁打。結果を出した。

 「アピールが足りない。もっと練習します」。優勝を決め、もう次の目標を見据えていた。(白見はる菜)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報