スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都)高校野球独自大会、対戦相手決まる

2020年6月23日06時00分

 夏の甲子園中止を受けて来月開幕する京都府独自の夏季高校野球ブロック大会(府高校野球連盟主催、朝日新聞など後援)は、74チームが出場することになり、その組み合わせが決まった。府高野連が21日、発表した。

 A~Hの8ブロックのトーナメント制。新型コロナウイルス対策のため、主将による抽選会は見送った。府南部については、中止された春季大会の組み合わせを活用。府北部は学校統合などで参加校が大幅に変わったため、各校顧問による抽選で決めた。

 舞鶴高専は、22日に学校が再開したばかりで、不参加となった。

 網野と久美浜は今春の入学者からは統合で校名が丹後緑風となり、1年生が網野学舎と久美浜学舎に分かれて通う。網野の2、3年生と網野学舎が連合チームを作るが、久美浜と久美浜学舎では部員が足りず、出場しない。

 加悦谷(かやだに)と宮津も同様に統合で宮津天橋(てんきょう)となり、1年生が宮津学舎と加悦谷学舎に通っている。加悦谷と加悦谷学舎、宮津と宮津学舎で、それぞれ連合チームを作る。

 大会は7月11日に開幕。25、26日に各ブロックの決勝がある。感染対策のため無観客試合となるが、各校の控え選手と学校関係者、3年生部員1人につき保護者2人まではスタンドで観戦できる。(白見はる菜)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ