スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球の1年を描いたドキュメンタリー、米国で放送へ

2020年6月26日12時00分

 高校野球の1年間に密着したドキュメンタリー「KOSHIEN Japan,s Field of Dreams」が、米スポーツ専門チャンネル「ESPN」で29日午後7時(米東部時間)に放送されることになった。

 この作品は、映像作家の山崎エマさんと、NHK、NHKエンタープライズなどの共同制作。2年前の第100回全国高校野球選手権大会に向かう、神奈川・横浜隼人と岩手・花巻東を取材した。時代とともに変わっていくこと、変えてはいけないことの間で揺れながら、甲子園へ挑む指導者と球児、その家族の姿を丹念に描写。国内では昨年、NHK・EテレのETV特集で「HOME 我が愛しの甲子園」として放送されている。

 米国で流す「国際版」には、国内版に食堂のテレビで高校野球を見つめるお客など、高校野球が日本の生活にいかにとけ込み、文化となっているかを表す映像も追加した。放送予定日の29日は、大リーグのキャンプが再開する2日前。「Monday Night Baseball」の枠でCMも挟み、約2時間放送する。

 「KOSHIEN~」は昨年、米・ニューヨークでのドキュメンタリーを対象にした映画祭、「DOC NYC」で上映。反響を受けて今夏、米国での劇場公開を目指していたが、コロナ禍で流れた。ところが、ESPNから急きょ依頼があり、放送が決まったという。山崎さんは「ESPNは自前で良質なスポーツドキュメンタリーを制作しており、外部の作品を放送するのは初めてらしく、驚いた」と話す。

 米国では、大リーグで日本選手が活躍すると、全員が通ってきた道として高校野球も話題になるが、投球数や試合日程など、高校野球が抱える課題のみがクローズアップされがちだ。米国での放送にあたり、山崎さんは、「今までは高校野球の全体像を見せる機会がないまま、一部のことが取り上げられていた。指導者、球児の思い、なぜ100回も続いて日本の文化となり、熱狂を生み出しているのかが伝わってほしい」と願っている。(山下弘展)

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ