スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)県高野連の独自大会 組み合わせ決まる

2020年6月21日10時30分

 夏季愛知県高校野球大会(県高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が20日、刈谷市総合文化センターであり、8強までのトーナメントが決まった。(上山浩也、渋谷正章)

 新型コロナウイルスの影響で今夏の第102回全国高校野球選手権は中止になったが、県独自の大会には連合チームも含めて186校から計182チーム(昨年の愛知大会は188チーム)が参加する。

 大会は無観客試合で、部員の移動距離を少なくするため各地区での戦いから始まる。7月4日に開幕、8月2日に決勝が行われる。 部活動再開が遅くなったことで、試合時期への配慮が必要と申し出た名古屋市内の計10校が7月18日以降に初戦を迎えるようにした上でフリー抽選が行われた。尾張ブロックでは昨夏の愛知代表として甲子園に出場した誉が強豪・愛知啓成と初戦で当たることになった。

 名古屋ブロックは東邦がA、中京大中京がB、愛工大名電がC、享栄がDと、「私学四強」と呼ばれる有力校が別ゾーンに入った。昨秋の明治神宮大会で優勝した中京大中京は今夏も有力校だが、享栄にはプロ注目の好投手、愛工大名電と東邦は打力がある。愛工大名電と同じゾーンには、昨夏4強で試合巧者の至学館もいる。

 現在のチームになってから県内の大会は昨秋が最後だった。そのときは優勝・中京大中京、準優勝・愛工大名電、3位・豊川、4位・豊橋中央という結果だった。準々決勝以降の組み合わせは、5回戦終了後の抽選で決まる。

     ◇

 学校統合により、この大会が最後となる新城と新城東が初戦で顔を合わせることになった。ともに部員は3年生9人のみ。あまりの偶然に、抽選に臨んだ新城の竹内祥真部長は「こんな奇跡があるとは。いい試合がしたいです」。新城東の鈴木敏夫部長も「恐らく夏の大会で対戦するのは初めて。まさに運命の大会となりました。新城市を盛り上げたい」と感無量の表情だった。

     ◇

 愛知県高野連は20日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ファンに球場へ来ることをやめるよう求める「愛知県高校野球ファンの皆様へ」の文書を発表、ホームページでも公開した。控え部員や保護者の入場は特例的に許可するが、一般の観戦は全て禁止とし、「誠に残念ではありますがご来場はご遠慮ください。また、球場周辺に来られることも、近隣の方のご迷惑になるうえ、大会運営に多大な支障をきたす場合がありますので、固くお断りいたします」としている。大会誌の制作・販売がないことへの理解も求めている。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ