スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

この夏はゴールではない 作家 須賀しのぶさん

2020年6月18日13時00分

 当たり前にあると思っていたものがない、いつもとは違う夏が来ます。懸命に練習してきたからこそ、悔しさもひとしおでしょう。その中で独自大会などの決定は目の前が明るくなるニュースでした。

 70年以上前に春夏とも大会がなかった原因は戦争です。5年間にわたって空白ができましたが、終戦からわずか1年で復活しました。食べ物もろくにない、日本中が大変な時期に嵐のような批判を受けながらも大会を開催したのは、社会が厳しい時にこそ若い人たちが打ち込める夢が必要だと判断したからです。実際、どの学校もボールすら不足している状態でしたが、それでも予選の参加校は史上最高数となりました。

 今年、中止決定後すぐに独自大会の動きが出た時、私はこのエピソードを思い浮かべました。大人もあきらめていません。この時期の夢がどんなに大事か、我が身をもって知っているからでしょう。

 大会という容(い)れ物は多少違っても、部活でここまで積み重ねてきた時間は同じです。この3年は、記憶にずっと残るものです。決して短くはない時間、皆でがんばった、やりとげたという自信を得ることこそ、部活動の最大の目的だと私は思っています。経験に基づいた自信は、長い人生で戦わねばならない時に、何よりの支えとなるからです。皆さんはそれを、すでに手に入れていますよね。どうか存分に発揮して、走り抜いてください。この夏はゴールではなく、始まりです。(寄稿)

 すが・しのぶ 2016年に「革命前夜」で大藪春彦賞。戦後の高校野球再建に奔走した人々を描く「夏空白花」は7月に文庫化予定。高校野球を題材にした青春小説も多い。

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ