スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)高校野球独自大会 8月8日開幕へ

2020年6月13日10時30分

 新型コロナウイルスの感染拡大で第102回全国高校野球選手権大会が中止となったのを受け、独自の大会を8月に開催する方向で準備を進めていた埼玉県高野連は12日、日程や試合形式、新型コロナの感染防止策などの大会要項を発表した。同日の運営委員会で決めた。

 大会名は、「令和2年度夏季埼玉県高等学校野球大会」。県高野連と県教委が主催し、日本高野連と朝日新聞社が後援する。

 日程は8月8~23日(24日予備日)。雨天などで試合順延が続いても24日で終了する。試合形式は、東西南北の4地区ごとのトーナメント方式で、各地区優勝校による県トーナメントを開く。4地区の抽選会は7月21日。開会式は行わず、閉会式については今後検討するという。

 試合は、通常の9イニング制でなく、7イニング制。今年から高校野球に導入された「1週間500球以内」の投球数制限と申告故意四球(敬遠)を独自大会でも採用する。

 ベンチ入りの選手は20人で、試合ごとの変更を認めるという。試合は原則、無観客で、部員や保護者のスタンド観戦の可否は今後、検討する。感染防止策として、試合終了後にベンチなどの消毒を行う。

 球場は、選手権埼玉大会で例年使われる県営大宮など8会場に加え、幸手市営、飯能市民、本庄市民、北本総合の4会場を加えた計12球場を使う。

 また、独自大会の期間に、選抜大会の出場予定校を招いた交流試合が阪神甲子園球場であり、県からは花咲徳栄(埼玉県加須市)が出場予定のため、同校が双方の試合に出場できるよう、県高野連と日本高野連が調整しているという。

 独自大会を発表した県高野連の坂上節(たかし)会長は12日、埼玉県伊奈町の県県民活動総合センターで、「感染がなくなったわけではないが、ひたむきに努力する球児に活躍の場を提供したかった」と記者団に話した。今後の感染状況によっては、日程の変更や大会の中止を検討するという。(宮脇稜平)

 ■独自大会の概要

【大会名】

令和2年度夏季埼玉県高等学校野球大会

【日程】

8月8~23日(24日予備日)

【大会方式】

東西南北の4地区ごとのトーナメント、地区優勝校による県トーナメント

【抽選会】

7月21日

【試合形式】

・1試合7イニング

・5回10点差コールドゲーム

・タイブレーク制は8回から

・1週間500球以内の投球数制限

・申告故意四球(敬遠)あり

【球場】

県営大宮、上尾市民、市営浦和、熊谷公園、朝霞市営、越谷市民、川口市営、所沢航空、幸手市営、飯能市民、本庄市民、北本総合

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ