スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高知)高校野球、独自の大会を7月に 感染症対策が課題

2020年5月31日09時00分

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会が中止されたことを受け、高知県高校野球連盟は5月30日、高知市内で検討委員会を開き、独自の大会「2020 高知県高等学校夏季特別野球大会」を7月に開催することを決めた。公式戦とし、原則無観客でトーナメント方式で実施する。

 抽選会は6月27日、7月18日に開幕し、決勝は29日ごろを予定している。開会式は行わない。県立春野球場と高知市営球場(いずれも高知市)を使い、新型コロナの感染防止と熱中症対策のため、原則1日各球場2試合とする。控え選手はスタンドで観戦できる。保護者の入場は検討している。

 試合では、今春から導入予定だった投手の球数制限(1週間500球)を採用する。3年生については試合ごとのメンバー変更を認める。

 感染防止対策については検討中で、日本高野連が27日に示したガイドラインや県の方針を参考にマニュアルを作成するという。

 県高野連が加盟校を対象に行ったアンケートでは開催を希望する学校が大半を占めたという。県高野連の橋本浩会長は「やらせてあげたいという思いだけではなく、現実的に課題を検討し、開催を判断した。(選手は)1日1日を大切にし、目標に向かって頑張ってほしい」と語った。(湯川うらら)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ