スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長崎)県独自の高校野球大会を7月に開催へ 県高野連

2020年5月23日09時00分

シェア

 第102回全国高校野球選手権大会が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止されたことを受け、長崎県高校野球連盟は22日、独自にトーナメント方式の県大会を7月に開催すると発表した。長崎港に停泊中のクルーズ客船を除き、県内では1カ月以上、新たな感染が確認されていないことなどを考慮した。ただし、今後感染が広まるなどすれば中止する。

 この日、会長や理事長らによる運営委員会を開き、決定した。県高野連によると、抽選会は6月19日、監督ら指導者のみで実施し、大会は7月9日か10日に開幕。同月28日に長崎市の県営野球場で決勝の予定。会場は県営、佐世保市総合グラウンド、諫早市第1の3球場。初日の開会式は中止する。また、軟式高校野球大会も7月17~19日に諫早市第1球場で開催する。

 開催を決定した理由として、4月中旬以降、県内で感染者が確認されていないことや、今月14日に国の緊急事態宣言が解除されたことなどを挙げた。

 県高野連は今後も運営委員会で議論を重ね、控え部員の応援を認めるか、観客を入れるかなど運営方法を検討する。大会中は密集、密接、密閉の「3密」を防ぐほか、手指の消毒など、新型コロナへの感染対策を実施する予定だ。

 最大の課題は離島の高校の参加。県教育委員会は25日以降、部活動を全面再開し、対外試合も認める方針だが、宿泊を伴うものは認めていないため、日帰りなどの案が上がっている。

 日本高野連は都道府県高野連が地域の実情を踏まえて独自の大会を開く場合の条件などを示した指針を6月初旬に示す予定で、これとの整合も図る必要がある。参加の最終判断は加盟56校に委ねる見込みだ。

 西田哲也会長は「甲子園は中止されたが、県の大会に出場する選手には、気持ちを込めて臨んでもらいたい」と話した。(米田悠一郎)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン