スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

熊本)甲子園中止「かける声みつからない」監督やOB

2020年5月21日10時00分

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第102回全国高校野球選手権大会の全国大会と地方大会の中止が発表された。休校で部活動ができない中、関係者は言葉を失い、夏舞台を諦めずに自主練習を続ける部員たちから涙がこぼれた。

 昨春の選抜大会に21世紀枠で出場した熊本西。甲子園の中止が発表された20日は、3年生の登校日だった。大会中止発表前の午後4時ごろ、3年生部員23人と横手文彦監督がグラウンドに集まり、ミーティングをした。

 休校で全体練習ができず、部員は各自、近所の公園や神社などを使って自主練習を続けた。その日に取り組んだことや翌日の目標などを毎日、LINE(ライン)で報告しあった。高校総体の中止が発表された4月下旬ごろには、「(野球も)県大会すらないのではないか。野球をやめようかな」と不安を漏らす部員もいたという。

 この日、部員と監督が集うのは数カ月ぶりだった。「本当は教室でやろうかと思ったが、こんな状況だからこそ、あえてグラウンドに集まることにした」と横手監督は言う。横手監督はミーティングで、甲子園が中止になるかもしれないと伝えた。そして部員一人ひとりに今の思いを尋ねた。

 昨春の選抜大会を経験した一人は「夏に甲子園に戻ってプレーしたかった」と話した。「どこかで中止になるかもしれないとは思ってきた。でも、いざ中止になると受け入れられない」「県大会があることを信じてがんばりたい」。それぞれが、思いを口にした。「悔しい」と涙を流す部員もいたという。

 「一言で言えば(中止は)仕方ないし、甲子園に行くことがすべてではない。けれど、負けてなくなった夢ではないということが、僕たちにとってもつらい」と横手監督は取材に話した。

 甲子園を知る九州学院の坂井宏安監督は、中止決定を受けて「県大会があるのか、見通しが出ないと生徒に指示も出せない」と話した。「目標と目的は違う。甲子園という一つの目標がなくなっても、野球を通して心身共に健康になり、絆を深めて挫折を経験する。そうやって強くなるという目的は変わらない。今後どうなろうと、全員そろって、1週間でもいいから楽しい野球をやりたいと思う」(大木理恵子)

        ◇

熊本県高野連は20日、感染症対策や学校再開に伴う部活動の実施に関する県教委からの通知などを踏まえ、県独自の大会開催の有無について、6月4日の常任理事会と同11日の運営委員会で検討すると発表した。

 県高野連の工木雄太郎理事長は朝日新聞などの取材に「加盟校からのアンケートを集約し、県教委とも密に連携しながら、4日の常任理事会までに方向性を決めたい。県教委が(感染防止のために)策定するガイドラインに従いながら、3年生の思いもくんでいきたい」と話した。(井岡諒)

        ◇

「かわいそうすぎる。代わりとなる良い経験をさせたい」。熊本市中央区で野球バー「たっちあっぷ」を営む星子崇さん(41)は話した。熊本工時代に甲子園を経験した。

 忘れられない情景がある。1996年の第78回大会決勝、松山商―熊本工。十回裏1死満塁で星子さんは三塁にいた。タッチアップし、右翼手の好返球で本塁で刺された。サヨナラ勝ちを阻まれた熊本工は十一回に3点勝ち越され、県勢初の優勝を逃した。後に「奇跡のバックホーム」と語られる場面。「本気で走っていなかったのでは」などと言われ、「どう走塁すればよかったのか」と自問自答を続けた時期もあった。

 夏が来るたび、あの場面がメディアで取り上げられ、話題になる。「野球と関わる何かを続けよう」と考えるようになり、2014年に店を開店した。「あの時、セーフになっていたら店を開くこともなかった」。甲子園の重みを感じている。

 地方大会だけでも開催されれば、優勝チームの3年生を甲子園に連れていく計画を思い描いていた。「後輩たちにかける言葉が見つからない」。指導者らと話し合い、県内で何らかの大会ができないか働きかけていくつもりだ。「つらい思い出だけが残らないよう、大人としてやれることをしたい」(渡辺七海)

こんな特集も

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報