スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)夢の舞台消え「残念」 甲子園中止で関係者

2020年5月21日09時00分

 「率直に言って残念だ」「部員になんと言葉をかければいいのか」――。新型コロナウイルスの影響で、甲子園と島根大会の中止が決まった。高校野球における目標の舞台が消え、部員や関係者らは肩を落とした。

 「残念だが、これで高校野球が終わるわけじゃない。大好きな野球ができていると思い、これからを見すえてがんばっていこう」

 昨夏の島根大会を制し、甲子園に出場した江津市の石見智翠館高校。この日夕、グラウンドで練習中の3年生に末光章朗監督から大会の中止が告げられた。

 選手たちは一様に硬い表情だった。河本響主将(3年)は「心の準備はできていた。甲子園がなくなっても気を緩めずチームを引っ張っていきたい。このことで人間的に成長できると思いたい」と前を向いた。

 昨夏の甲子園を経験した選手が多く残り、2年連続の出場も期待された同校。末光監督は「このことは長い人生できっと大きな経験となる。これからも野球を通じて学んだこと、身につけたことを生かしてほしい」と励ました。

 今春の選抜大会に21世紀枠で出場予定だった、出雲市の平田高校。春に続く甲子園の中止に、電話取材に応じた植田悟監督は「いたたまれない」。

 3月の選抜大会の中止決定後、植田監督はショックを受けた選手らと面談を重ねてきた。「選手たちは気持ちを切り替え、夏の甲子園を目標に個人で練習してきた」。部員らには21日の授業後、「選手権という目標を失ってつらいだろうけど、人間としての成長を求めて最後までやりきろう」と伝えるつもりだ。

 今後、県内の独自大会開催の可能性は残る。「大好きな野球が全力でできる日が迎えられるようになって欲しい」と話した。

 昨夏の島根大会ベスト8の三刀屋高校・國分健監督は「子どもたちは高校生活の全てをこの大会にかけてきた。何と言葉をかけていいのか……」と話し、時折言葉を詰まらせた。

 部活動は1カ月前から休止したまま。いつでも活動を再開できるよう、週6回、オンライン会議システム「Zoom」でトレーナーと部員らを結び、器具を使わないスクワットなどの自重トレーニングやストレッチで体作りに励んできた。この日、登校日でなかった2、3年生はオンライン練習中に大会中止の一報に接し、無言で立ち尽くしていたという。國分監督は「甲子園を夢見る球児は最後の大会で敗れてはじめて一区切りをつける。『この経験が先々いきる』という慰めや励ましはできない」と語った。

 昨秋の県大会で優勝した矢上高校の山本翔監督は「結果を残し、期待も背負った中で部員たちは甲子園を目標に頑張ってきた。率直に残念です」と悔しさをにじませる。練習は1カ月半ほどできていない。通常登校が再開する25日に部員に直接大会中止を伝える予定だ。「甲子園は『目標』だが、高校野球の『目的』は野球を通し人間として成長すること。『矢上で野球をして良かった』と部員たちが言えるよう、引き続き指導していきたい」。県内の独自大会は「どんな形であれ、練習の成果を発揮できる場をつくってもらいたい」と話した。

 高校野球ファンからも落胆の声が上がった。出雲高校時代に野球部で外野手だった公務員の三島慎也さん(57)は「選手みんながめざす大きな挑戦の場が失われて野球経験者としても胸が痛む」。出雲市の主婦(54)は「ほんとに寂しい夏になってしまいますね」とぽつり。出雲市内の女性会社員(46)は「グラウンドで一緒に戦えるのは、今この瞬間の仲間とだけ。かわいそうと思うが、この悔しい経験を次の人生に役立ててほしい」とエールを送った。(杉山高志、浪間新太、清水優志)

     ◇

 県高校野球連盟の萬治(まんじ)正専務理事の話 中止は大変残念だが、全国的な感染状況を踏まえると、選手や関係者の健康と安全のため致し方ない。私自身、選手・指導者・保護者として高校野球に関わってきたが、甲子園を目標に最後の大会を迎えられない3年生にはかける言葉もない。高校野球を通して重ねた努力や得た仲間は今後一生の宝になる。胸を張って前に進んで欲しい。

     ◇

 全国大会に加え、島根大会の中止も決定した。県高野連は今後、感染防止対策に配慮しながら独自大会の開催を模索していくことになる。

 萬治正専務理事は「感染状況が許せば、今のチームの集大成として、独自大会開催の可能性を探りたい」と話した。26日に予定されている県高野連の理事会と大会運営委員会で方向性を検討したいとした。

 開催に向けては、感染状況に加え、休校が続いている学校の授業日程や、会場となる球場の確保、3年生の進学や就職の日程などの検討も必要になる。

 球場は、島根大会の日程(7月10~24日)で押さえているものの、「仮に後ろ倒しして実施するとしても、他の団体が押さえているなど、こちらの都合だけでは難しい」と説明。「3年生は就職や進学も控えている。感染対策や学業との両立にも配慮しながら慎重に検討していきたい」と語った。(清水優志)

     ◇

 新型コロナウイルスの国内での感染が本格化する前だった2月、県高野連(吉川靖会長)は、夏の甲子園出場をかけた第102回全国高校野球選手権島根大会(県高野連、県教育委員会、朝日新聞社主催)の日程について、東京五輪などを考慮して7月10日開幕、24日決勝とすることを決定。2018年秋から改修工事をしていた県立浜山球場(出雲市)と、松江市営野球場を会場とし、6月20日に組み合わせ抽選会を行う予定にしていた。

 しかし、その後のコロナ禍の広がりで、県高野連は、4月の県高校春季野球大会の中止を決定。夏の島根大会については、無観客とし、球場で検温や消毒などの感染対策を実施▽部活動や対外試合が実施できていないことから、大会日程を後ろ倒しする▽抽選会は主将を出席させず、責任教師だけとする――などの対応策を検討しながら、開催できる方向を模索していた。(小西孝司)

     ◇

 甲子園を目指してきた野球部員らは、今回の中止をどう受け止めたらいいのだろうか。

 島根の野球のレベルアップを目指し活動するNPO法人「島根ベースボールイノベーション」理事長の若狭彰さん(38)は「つらい結論だと思う」としながらも、「この機会に改めて、野球という競技そのものの楽しさや、さらなる成長のため必要なことについて前向きに考えてほしい」と話す。

 若狭さんも松江北高校で主将を務め、甲子園を目指した元球児。「甲子園は特別な場所で、代わるものは確かにない。でも野球に真剣に取り組み、楽しめる場は高校後にもたくさんある。そうした場にも目を向けてほしい」と語る。

 新型コロナウイルスの影響で練習自体ままならない状況も続く。若狭さんは、個人練習の質を上げた上で、全体練習を短時間で効率的に行うことなども提案。「今まで以上の成果が上がる可能性もある。拘束時間の長い練習を改める、新たな発想を得たと前向きに捉えてほしい」と語る。(浪間新太)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ