スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)高校野球和歌山大会 7月14日開幕

2020年4月16日10時00分

 今夏の第102回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)の運営委員会が15日、和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグ愛で開かれ、開幕日を7月14日、決勝を同30日とする大会日程を決めた。今後の新型コロナウイルス感染拡大の影響次第ではスケジュールが変更される可能性がある。

 開幕試合は7月14日午後1時半、決勝は30日午後1時にそれぞれ開始予定。全試合が紀三井寺公園野球場(和歌山市毛見)であり、39校が出場を予定している。春季県大会が中止されたことを受け、ノーシード制とすることも決めた。組み合わせ抽選会は6月20日午後1時から和歌山ビッグ愛大ホールで開く。

 大会期間中、準決勝前日と決勝前日に休養日を設ける。選手たちの体調管理の観点から、今回から決勝前日も休養日とした。1人の投手が投げる総数を1週間500球以内とする球数制限も適用される。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて県内の多くの高校が臨時休校となり、練習もできない状況が続いている。県高野連は情勢を注視。通常通り大会が開催できない場合についても、開会式や観客の有無などについて今後検討を重ねていくとしている。

 県高野連の伊藤誠悟理事長は「例年の当たり前が当たり前じゃない状況。高野連としては、コロナが収束して大会を開けると信じて準備するしかない」と話し、選手たちに向け「不安もあるだろうが、大会があると信じて頑張ってほしい」と呼びかけた。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ