スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

名選手にも苦悩、教えてくれた一冊 星稜・山下智茂さん

2020年4月10日13時03分

 ■一冊入魂「二流が一流を育てる」(内田順三著)

 花にとって水が大切なように、野球には基本、人生には本が大切。選手たちに今ぜひ読んで欲しいと話している本が「二流が一流を育てる」(内田順三著、KADOKAWA)だ。

 内田さんはプロ野球の広島と巨人で長く打撃コーチを務め、名伯楽と呼ばれた野球人。ぼくの教え子でもある松井秀喜もお世話になったし、金本知憲選手や阿部慎之助選手ら数多くの名選手を育てられた。

 教えすぎない米国タイプの指導者だ。選手の練習にいつも付き添い、じっと観察し、選手に迷いが生じたらヒントを与える。どんな名選手にも苦悩はあり、どうやって克服してきたのか。その過程を内田さんが教えて下さる。

 ぼくは「貞観政要(じょうがんせいよう)」(出口治明著、KADOKAWA)を読んで「三つの鏡」の大切さを学んだ。「銅の鏡」に自身を映し、元気で明るく楽しい顔をしているか確認する。「歴史の鏡」では歴史を学ぶ。そして「人の鏡」で他人の直言を受け入れるという教えだ。

 みんなも読書を楽しみ、いい本に出会って欲しい。(聞き手・安藤嘉浩)

     ◇

〈やました・ともしげ〉 星稜(石川)名誉監督。監督として松井秀喜選手らを育て、1995年に全国高校野球選手権大会準優勝。日本高校野球連盟が若手指導者を育成する「甲子園塾」塾長。75歳。

     ◇

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校球児の多くが、満足に練習できないでいる。体を動かせないときは、頭を鍛えよう。指導者たちが、魂を込めて君たちに贈る一冊。『一冊入魂』

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ