スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都)春の高校野球、府大会は中止 新型コロナ影響

2020年4月6日03時00分

シェア

 京都府高校野球連盟は5日、今月18日から予定していた春季京都府高校野球大会を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、部員や関係者、会場校の安全が確保できないことと、休校措置や部活動制限により選手の練習時間が十分確保できていないことなどを考慮した。

 例年、同大会で8強に入ったチームは夏の全国高校野球選手権京都大会でシード権を得るが、今夏の選定方法は今後理事会で検討するという。連盟の米川勲理事長は「本当に残念でならない。夏の大会開催に向け感染防止に努め、加盟校や選手には心と体の準備と、チーム作りに励んでもらいたい」とコメントした。

 5月に京都市右京区のわかさスタジアム京都で開催予定だった近畿地区大会も、2日に中止が発表されていた。(白見はる菜)

     ◇

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて5日に中止が決まった春季京都府高校野球大会。休校や部活動の時間制限の中、試合に向けて準備していた野球部員たちは、「夏に向けて練習しよう」と気持ちを新たにしていた。

 京都市左京区の京都府立北稜高校の野球部では6日、練習後に手島健守(たけもり)監督(58)が部員を集め、府大会の中止について「希望はなくさず、俺らが今できることをやろう」と話した。

 同校は昨年の春季、秋季ともに府大会でベスト16。春季の府大会で8強以上であれば、夏の甲子園にむけた京都大会のシード権が得られるため、昨年から練習に励んできたが、コロナウイルス禍で練習時間が激減し、府大会も中止に。

 3年の山本大河主将(17)は「残り2回しかない公式大会の一つがなくなったのは悔しいが、悲しんでいるひまもないので、夏に向けて練習したい」と話した。(白見はる菜)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン