スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島新庄の迫田守昭監督が退任 甲子園6回出場の名伯楽

2020年4月2日17時14分

シェア

 高校野球で春夏の甲子園に通算6回導いた広島新庄の迫田守昭監督(74)が3月31日に退任した。学校などが明らかにした。迫田氏は取材に、「もう12年(広島新庄で監督を)やらせてもらった。そろそろ交代せなあかん。後継者を育てて次へとつなげていくのが指導者の役目でもあるから」と語った。後任には宇多村聡コーチ(33)が就任した。

 迫田氏は、1945年生まれで広島市出身。広島商、慶応大、三菱重工広島で捕手として活躍。76年に三菱重工広島監督に就任し、79年の都市対抗大会に初出場で初優勝。2000年秋に広島商の監督に就くと、春夏通算2回、甲子園に導き、02年春には8強入りした。

 07年秋から広島新庄に移り、14年の選抜大会で同校初の甲子園出場。15、16両年夏にも甲子園に出場した。今春の第92回選抜大会出場も決めていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大会が中止となった。兄は広島商の選手、監督として全国選手権を制した穆成(よしあき)氏。(成田愛恵)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン