スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜に出るはずだったみんなへ 監督からのメッセージ

2020年3月14日15時00分

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になった第92回選抜高校野球大会。選出されていた学校の監督は、出場の夢が絶たれた選手へ様々なメッセージを伝えていた。その一部を紹介する。

 創成館・稙田(わさだ)龍生監督 11日の中止決定を受け、選手に伝えた。「俺もそうやけど、気持ちの切り替えがなかなか難しいんやけどな。残念やけど仕方ない。誰が悪いわけでもない。見えない敵に負けたということ。長い人生の中でこういうこともある。つらいけどな。踏ん張っていくしかない。いいな」

 明豊・川崎絢平監督 11日に記者会見。「心が折れそうになったときに踏ん張る力を養うのがスポーツ。苦しさや歯がゆさはあるだろうが、夏に晴らすしかない。これも人生のひとつ」

 仙台育英・須江航監督 ベンチ入りする予定だった選手18人に背番号を手渡す機会を作った。「大会があれば、日本一を狙える戦力になれたと思う。がんばった証しの背番号を受け取り、両親に報告してほしい」

 鹿児島城西・佐々木誠監督 「つらいだろうけど、涙は我慢しろ。この経験を力に変えてがんばっていこう。前を向いていこう」(井上隆三部長からの聞き取り)

 加藤学園・米山学監督 「今日まで野球ができることにまず感謝しよう。感謝してやっていこう。仲間とこうやってできることは幸せなんだよ」

 倉敷商・梶山和洋監督 「世界的な感染が起こっている中で、いつ練習が再開されるかわからない。でも再開できた時には練習ができるのはどれだけ素晴らしいことか、時間を大事にしよう、と伝えたい」

 明徳義塾・馬淵史郎監督 「人生には色々なことがある。これを糧に、将来につなげてもらいたい」

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ