スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)「悔しい、悲しい」選抜中止で山梨学院の選手たち

2020年3月12日10時30分

シェア

 悔しい、悲しい――いったんは「無観客」で開催する方向が示された選抜高校野球は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止が決まり、山梨学院の選手たちは無念さを表した。

 「新チームが始まり、まずは選抜を目標にやってきたので本当に残念。無観客でやらせていただくことを信じてきた」

 功刀史也主将は整理しきれない思いを言葉にし、「夏がラストチャンスになる。死に物狂いで、絶対に甲子園に行けるように練習をしていきたい」と前を向いた。

 1年夏の甲子園から正捕手としてマスクをかぶり、4度目の甲子園に挑むはずだった栗田勇雅選手は「自分たちの代でつかんだ選抜で、もう1回、甲子園でやりたいと思って練習してきた。先輩に自分のプレーを見せたい気持ちがあった」と語った。

 福島県出身。この日は自らも被災した東日本大震災から9年を迎えた。「この日を忘れてはいけないと思って毎年過ごしている。自分たちの野球を見てくれている人はいると思うので、精いっぱいプレーしたい気持ちはあった」と思いを明かした。

 「みんなでつかんだ甲子園だった。中止と聞いて、悲しいし、悔しい」

 同じく福島県出身で、昨年の春、夏の甲子園でもプレーした遊撃手、小吹悠人選手は思いをはき出した。テレビでプレーを見た古里の知り合いから「元気をもらった」と言ってもらえるという。「まだ夏が残っている。そこに向けて頑張っていきたい」と自らを奮い立たせた。

 今回の選抜で初めて、甲子園のベンチに入る予定だった選手もいる。

 橘田陸斗選手は「最初の甲子園だったので、本当に気持ちを入れて、選抜のために練習を頑張ってきた。悔しい気持ちでいっぱいです」とし、「できるだけ早く気持ちを切り替えて、また夏、全員で頑張りたいです」と話した。

 山梨学院は夏を合わせると4季連続の甲子園だった。吉田洸二監督は「選手の気持ちを考えるとたまらない。つらいですね。選手の気持ちを第一に考えながら、次の目標に向かって頑張ります」と思いやった。(田中正一)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン