スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)センバツ大会は中止か延期 明石商の反応

2020年3月5日10時00分

シェア

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第92回選抜高校野球大会(19日開幕)は、開催する場合は無観客試合とし、開催するかどうかは11日に最終判断することになった。出場校の明石商にも連絡があり、校長と監督が今回の決定や選抜大会に向けての思いを語った。

 狭間善徳監督(55)は「今与えられた状況の中でチームが一つになって、練習や大会に全力を尽くしていきたい」と話した。楠田俊夫校長は「決定なので、粛々と選抜大会に向けて準備していきたい」と語り、練習も5日から再開したいとの考えを示した。

 一方、選手らは3日から練習はなく、自宅などに待機の指示を受けており、今後の練習は、朝や夕方の通勤、帰宅ラッシュを避けて実施するなど十分な対策を講じるという。学校は3日から15日まで休校している。

 明石商は昨年、春の選抜大会と夏の選手権大会でベスト4。新チーム体制で臨んだ秋季県高校野球大会決勝で報徳学園に敗れたものの、近畿地区大会に出場。ベスト8に進出し、1月24日に今春の選抜大会出場の切符をつかんだ。

 同校は新型コロナウイルスやインフルエンザの感染予防のため、対策も入念に行ってきた。部内ではうがい、アルコール消毒やマスクの着用を呼びかけ、今のところ体調を崩した選手はいない。

 3月中の県内外での練習試合は予定を組んでいたが、大きく変更を余儀なくされている。狭間監督は「選手にとっては大打撃。練習試合を1試合も行えず、選抜大会に臨む可能性もある」と話す。また、全校生徒の前で例年行われている、選手を激励する壮行会や吹奏楽部との応援合同練習も中止とすることが決まっている。(森下友貴)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン