スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「選手は動揺している」 休校要請、揺れる選抜出場校 

2020年2月28日18時06分

シェア

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとして国が出した「全国一律休校」の要請。3月19日に開幕を控える第92回選抜高校野球大会の出場校は28日、対応に追われ、現場には混乱と不安が広がった。

 23年ぶりの出場となる大分商は3月2日以降の休校が決まり、部活動も全面的に禁止となる。渡辺正雄監督は、「他競技の(全国高校)選抜大会が中止になるなか、選手は動揺している。不安にさせないよう、選抜の開催を前提に気持ちも体調も備えさせたい」と対応に心を砕く。同じ公立校の県岐阜商も2日以降は休校で、部活動も全面的に自粛する。

 初めての選抜に挑む21世紀枠の帯広農(北海道)は、3月6~9日の予定だった関東遠征を中止した。「我々にとって甲子園出場は一生に一度のこと。(遠征中止を聞いた)選手の表情は暗かった」と前田康晴監督。「(野球をするうえで)完全に追い込まれましたが、感染を広げるような事態は避けなければいけません」と話した。

 同じく21世紀枠で出場予定の磐城(いわき)(福島)も、5日から5日間の関東遠征をとりやめた。大場敬介部長は「練習試合も、8日と9日で計4試合できればと思っていたのですが……」と声を落とした。

 休校要請には部活動の実施について細かな言及がないことが、現場を悩ませている。昨秋の九州王者・明豊(大分)は、この日の練習を急きょ取りやめた。赤峰淳部長は、「休校となった場合、部活動もできなくなるのか」と戸惑った様子だった。

 昨秋の明治神宮大会を制した中京大中京(愛知)は3月2日から休校になる予定だが、練習は時間を短縮して継続するという。今村陽一部長は「選抜が開催されるという方向で準備をしているが、情報を集めながら対応を考えたい」とした。21世紀枠で初出場する平田(島根)は、県内に感染者が出ていないことから休校の措置はとられないことに。壮行会は中止となったが、野球部は通常通りに活動するという。

 練習時間の確保以外で、不安を抱える学校も。野球部員が寮に入る大阪桐蔭。西谷浩一監督は、「寮では、インフルエンザも含めて感染すると一気に広がってしまう恐れがある。部員にアルコール消毒などさせていますが、どれだけ徹底できるか。やれる対策をしっかりやっていきたい」と話す。全寮制の明徳義塾(高知)では休校が決まり、3月1日の卒業式も中止となったが、保護者から「寮にいた方が安全だから、そのまま寮にいてほしい」という意見もあるという。野球部は活動を続ける。

 夏春連覇をめざす履正社(大阪)は大会前の練習試合6試合を取りやめた。岡田龍生監督は、「我々は開催を信じて準備するしかない。柔軟な考えで(開催可否などの)判断をしてほしい」。日本高校野球連盟は選抜大会の開催について、3月4日にある運営委員会で議論する予定だ。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン