スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

投球数制限、高野連理事会で承認 軟式含めた全公式戦で

2020年2月19日22時55分

シェア

 日本高校野球連盟は19日、今春の公式戦から投手1人の投球数を1週間で500球以内とする制限を導入するため、高校野球特別規則に対象大会や運用方法を追記した。この日に開かれた理事会で承認され、軟式を含めたすべての公式戦に投球数制限が適用されることが正式に決まった。

 投手の投げすぎを防ぐために設けられた新ルールでは、500球に到達した場合(登板中に達した場合は打者との対戦が完了するまで)、それ以上投げられないとし、降雨などでノーゲームになった試合の投球数もカウントされることも明記された。

 投球数制限を巡っては、「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長=中島隆信・慶応大商学部教授)の答申を受け、昨年11月に導入が決定。3月19日に開幕する第92回選抜大会は、今回改定された規則に従って実施される。また、2022年までの3年間を試行期間とし、ルールの検証を進める。21日に開かれる全国理事長会議で、各都道府県高野連に周知される。

 また、申告故意四球(申告敬遠)も、今季から採用されることが正式に決まった。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン