スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明徳義塾高の馬淵史郎監督、野球U18代表監督に就任

2020年2月19日16時33分

 日本高校野球連盟は19日、台湾・高雄で開かれるU18(18歳以下)アジア選手権に出場する高校日本代表の監督に、高知・明徳義塾の馬淵史郎監督(64)が就任すると発表した。同日開かれた理事会で承認された。U18アジア選手権は、今夏の第102回全国選手権大会後に開催される。

 馬淵監督は1990年に同校の監督に就任。2002年の第84回全国選手権大会で初優勝し、春夏の甲子園通算勝利数は歴代4位タイの51勝。今春の選抜大会にも出場する。日本高野連を通じて「身の引き締まる思い。代表チームの誇りを持ち、闘志を前面に出し、目標に向かって挑戦していきます」とコメントした。

 またヘッドコーチは埼玉・花咲徳栄の岩井隆監督(50)、コーチは奈良・智弁学園の小坂将商監督(42)と沖縄尚学の比嘉公也監督(38)に決まった。日本高野連の小倉好正事務局長は「4名とも選手権や選抜大会で優勝を経験している監督。実績や人物など総合的に見て決めた」と話した。

 候補選手を集めた国際大会対策研修合宿は4月3~5日に開催予定。

こんな特集も

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

本日の甲子園交流試合

注目の情報