スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)「全員一丸V目指す」中京大中京、選抜出場決まる

2020年1月25日10時00分

シェア

 第92回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の出場校を決める選考委員会が24日あり、昨秋の東海大会と明治神宮大会を制した中京大中京(名古屋市昭和区)が選ばれた。選抜大会は2010年以来、31回目の出場となる。

 午後3時15分ごろ、高橋源一郎監督(40)や伊藤正男校長の待つ校長室に、日本高野連から出場を知らせる電話が入った。伊藤校長は「謹んでお受けします」と笑顔で応え、その足で野球部員らの集まる学校のグラウンドへ。「頑張ってください」と吉報を部員に伝えた。部員らは帽子を脱いで「ありがとうございます」と一礼。集まった保護者たちや、校舎の窓から顔を出す生徒たちから声援や拍手が送られた。

 令和最初の選抜大会に出場が決まった中京大中京。印出太一主将(2年)は「自分たちが新しい時代を築いていくという意識で、堂々とプレーしたい」と意気込んだ。昨秋は4番打者としても、正捕手としても活躍した。攻守の要としてチームを引っ張る。

 高校入学前の面談で、高橋監督を「日本一の監督にします」と宣言したという印出主将。その言葉通り、昨秋の明治神宮大会でチームは初優勝し、秋の日本一に輝いた。だが、チームの目標は、春夏の甲子園と国体での優勝を加えた「4冠」だ。「選抜の出場決定は通過点。明石商(兵庫)や大阪桐蔭(大阪)などの強豪に勝てるよう、全員一丸となって優勝を目指します」と話した。

 マネジャーの新宮美沙希さんと加藤砂羅さん(いずれも2年)も、出場を喜んだ。「日本一のチームには日本一のマネジャーが必要。しっかりサポートしたいと思います」と笑顔を見せた。(小松万希子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン