スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)明石商 2年連続で選抜出場へ 「目標は日本一」

2020年1月25日09時30分

 第92回選抜高校野球大会に出場する32校が24日に決まり、昨秋の近畿大会で8強に入った明石商も選ばれた。明石商の選抜出場は2年連続3回目。組み合わせ抽選会は3月13日で、大会は同月19日に西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。

 午後3時半ごろ、校長室で電話を受けた楠田俊夫校長は、すぐさまグラウンドで待つ野球部員のもとへ向かった。「皆が頑張ってきた成果で、また大きな花を咲かせることができました。おめでとう」。楠田校長の言葉を、整列した部員らは表情を引き締めたまま聞いた。

 甲子園出場は通算5回目で4季連続となる明石商。軟式野球で明徳義塾中(高知)を4度全国優勝に導いた狭間善徳監督が2007年に就任してから、着実に力をつけてきた。甲子園では昨年、春夏と続けて4強入りを果たした。

 狭間監督は「一つの目標にみんなで向かって結果が出たことがうれしい」と報道陣を前に笑顔を見せた。「投手を含め守りのチーム。必死になっているところを見てほしい」

 来田涼斗主将(2年)は、「目標は日本一。粘り強い野球が明商の野球。チーム全員、冬の練習でもう少し追い込みたい」と意気込む。対戦したい学校として大阪桐蔭(大阪)の名前を挙げた。

 来田主将と共に1年の夏から甲子園の土を踏んだ中森俊介投手(2年)は、「甲子園は自分を成長させてくれる場所。応援してくれる人たちの期待に応えたい」と笑顔で語った。

 グラウンドには保護者や地域の人も集まっていた。出場決定の速報を携帯電話で確認した人から「決まった!」という声が上がると、拍手がわき、「万歳!」と両手を挙げる人も。

 小園一美さん(77)は、数年前から熱烈な明石商ファン。昨年は春も夏も、甲子園球場で応援したという。「目指すは初優勝。今回も球場で応援したい」と喜んだ。

 前主将でいまもグラウンドで後輩を指導している重宮涼君(3年)は「勝ちにこだわり、ベスト4だった自分たちを超えてほしい。積み重ねた練習で、優勝を追い求めて」と、後輩たちへエールを送った。(森下友貴、武田遼)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ