スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)山梨学院、2年連続のセンバツ決定

2020年1月25日10時30分

 第92回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に24日、山梨学院が2年連続4回目の出場を決め、選手たちは体いっぱい喜びを表した。4季連続の甲子園出場だ。3月13日に組み合わせ抽選会があり、19日に開幕する。

 午後3時10分、山内紀幸校長の前の電話が鳴り、出場決定の吉報が届いた。甲府市砂田町の野球部グラウンドで知らせを聞いた選手たちは帽子を投げ上げ、雄たけびをあげた。

 昨秋の山梨県大会は決勝で駿台甲府を破り、3年ぶりに優勝。続く関東大会では、準々決勝で花咲徳栄(埼玉)、準決勝で桐生第一(群馬)と甲子園で優勝経験がある強豪を破り、県勢として21年ぶりの決勝進出を果たした。

 昨夏の甲子園でベンチ入りした5人が引っ張る。チームの目標は、昨秋のラグビーワールドカップ日本大会で8強入りした日本代表の「ワンチーム」。昨年中軸を打った野村健太選手のようなスラッガーはいない。全員野球が持ち味だ。

 実戦を想定したシート打撃など、冬場もボールを使った練習に取り組む。昨年12月には吉田洸二監督の地元、長崎県で恒例となった合宿に臨み、砂浜を走り込むなど徹底して足腰と精神力を鍛えた。

 「昨季よりバットを振り込んできた。甲子園では打撃をみせたい」。昨夏の甲子園を経験した遊撃手の小吹悠人選手(2年)は力を込める。1年から正捕手で、4季連続の甲子園となる栗田勇雅選手(2年)は「自分がチームを引っ張る。強い気持ちを持って臨みたい」と意識は高い。

 功刀史也主将(2年)は「チームワークを高め、関東大会でみせたような粘りの野球で優勝をめざす」と話した。(田中正一)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ