スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)選抜に2校 星稜3年連続、航空石川2年ぶり

2020年1月25日10時00分

 第92回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の出場32校が24日発表され、星稜と航空石川が選ばれた。星稜は3年連続14回目、航空石川は2年ぶり2回目となる。3月13日に抽選会があり、19日に阪神甲子園球場で開幕する。

 ■聖地で再び戦い抜く 星稜

 星稜の選手たちは室内練習場で、鍋谷正二校長から選抜出場決定を伝えられ、喜びの表情を見せた。

 内山壮真主将(2年)は、「このチーム全員でまた甲子園の舞台に立てる。うれしい気持ちでいっぱいです」と話した。

 昨夏の甲子園で準優勝。そのチームの中心を担った奥川恭伸、山瀬慎之助の両選手は抜けた。新チームのスローガンは「至誠一貫」。甲子園の決勝で敗れ、「最後の最後まで全力で戦い抜くのが大事」との思いから、内山主将が提案したという。

 新たなチームは打力が持ち味で、昨秋の県大会と北信越大会で圧倒的な力を見せて優勝を果たした。ただ、北信越大会優勝校として出場した明治神宮大会では、初戦で明徳義塾(高知)に5―8で敗れた。

 林和成監督は「全国で通用するような力をつけて打ち勝ちたい。石川県の少年たちに、少しでも野球の魅力を伝えられるように上位を目指す」と話す。

 新しい歴史を刻むべく、選手は投打のレベルアップを目指して練習に励んでいる。(三井新、岡純太郎)

 ■日本一へ2度目の春 航空石川

 航空石川は午後3時20分ごろ、小林学校長が決定の知らせを電話で受けた。

 室内練習場で待機していた選手たちは、整列をして小林校長から知らせを聞いた。北信越大会では田中颯希投手(2年)の好投もあり、決勝まで勝ち進んだ。だが、県勢対決となった決勝では星稜に1―19の大差で敗退。田中投手は「もっとスピードアップをして、チームに貢献したい」と意気込みを語った。

 井口太陽主将(同)は「目標は日本一。投手力、打撃力ともにレベルアップしないといけない。(甲子園では)星稜よりも上にいきたい」と話した。

 2年前は選抜初出場ながら、ベスト8入りを果たしている。中村隆監督は今年のチームについて、「2年生を中心にチームワークが良い」と評価する一方、「打撃は全国で戦うには力が足らない」と課題を挙げた。

 投打の要として活躍が期待されるのは嘉手苅(かてかる)浩太投手(同)。「秋の大会では、活躍できなかった。甲子園ではチームを助けられるように頑張りたい」と奮起を誓った。(浅沼愛、井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ