スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長崎)創成館が選抜へ、2年ぶりの甲子園

2020年1月25日09時00分

 3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会に創成館が出場することが24日、決まった。昨秋の九州大会で4強入りを果たし、甲子園への切符を手に入れた。2018年以来2年ぶりの出場を果たした選手たちは、「一戦必勝」と口をそろえる。

 創成館の校長室には、奥田修史校長(48)のほか、稙田(わさだ)龍生監督(55)らが集まった。午後3時40分ごろ電話が鳴ると、奥田校長はもう確信したように両手で小さくガッツポーズ。出場決定を知らせる相手に「ありがたくお受けいたします」と、ほっとした様子で答えた。

 その後、体育館に集まった野球部員や生徒ら約800人を前に、奥田校長が「夢の甲子園おめでとう」と出場決定を報告すると、野球部員らはもみくちゃになり、喜んだ。

 上原祐士主将(2年)は「うれしい」とほっとした様子。昨秋の大会で見つかった課題に「パワー不足」を挙げた。この冬から夜にご飯1キロを毎日食べ、体を強化したという。「選抜では全国の投手に力負けしないよう、打撃力を上げたい。一戦一戦勝って、18年春の8強以上の結果を残したい」と話した。

 稙田監督は冬の守備練習では1球1球の質を高めるべく、サヨナラ負けをかけた場面など実戦形式の練習を続けた。「秋、冬と力をつけよくここまで来られた。一戦必勝で上を狙いたい」と意気込みを話した。(米田悠一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ