スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)センバツ、天理と智弁学園 県勢2校は3年ぶり

2020年1月25日10時00分

シェア

 3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に天理(天理市)と智弁学園(五條市)が出場する。24日決まった。天理は5年ぶり24回目、智弁学園は2年ぶり13回目で、県勢の2校出場は3年ぶり。両校は喜びに包まれた。

 ■狙うは日本一 天理

 午後3時半ごろ、竹森博志校長が出場決定の電話を受けた。練習場所の選手たちに「常に謙虚な気持ちを忘れずに、晴れの舞台に臨んでほしい」と伝えた。下林源太主将(2年)の「甲子園行くぞ」というかけ声にあわせ、選手たちが帽子を投げて喜んだ。

 昨秋の県予選は3位。近畿大会では、昨夏の甲子園優勝校の履正社に続き、大阪桐蔭を破って優勝した。明治神宮大会はベスト4入り。準決勝で河西陽路(ひろ)君(2年)が大会史上初の1試合3本塁打を放ち、優勝した中京大中京(愛知)を苦しめた。

 河西君は「チームに貢献できる一打を生み出したい」と意気込む。課題は守備力を強化すること。「失点につながる無駄な出塁をなくしたい」と言う。

 狙うは日本一。中村良二監督は「近畿大会、神宮大会での『できすぎた試合』がまたできるように、期待しています」と話した。(竹中美貴)

 ■守備しっかり 智弁学園

 昨夏に続く甲子園だ。部員たちに吉報を伝えた手塚彰校長は「甲子園の雪辱を果たすべく準備するように」とエールを送った。

 昨秋は、粘り強い打線で県予選を制した。近畿大会では智弁和歌山との兄弟校対決に勝ったが、準決勝で大阪桐蔭に逆転負け。白石陸主将(2年)は「近畿大会の借りを甲子園で返したい。めざすは日本一」。

 課題の守備を強化してきた。手で転がしたボールをひろって捕球姿勢を見直し、砂場でのダッシュで下半身を鍛えた。「守備と次の塁をねらう走塁をしっかりやれば、てっぺんは見えてくる」と小坂将商監督。

 昨秋、背番号1をつけた西村王雅(おうが)君(1年)は「近畿大会では一球に泣くことが多かった。悔いを残さないための準備をして甲子園に戻りたい」。捕手の田上拓磨君(2年)は「全員から信頼してもらい、チームを引っ張れる存在になって甲子園に出たい」と話した。(平田瑛美)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン