スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田)来夏の秋田大会は7月9日開幕 県高野連が決定

2019年12月7日03時00分

シェア

 秋田県高校野球連盟は6日、来夏の第102回全国高校野球選手権秋田大会(県高野連、朝日新聞社主催)の日程を7月9日開幕と決めた。秋田市であった評議員・理事会で承認された。決勝は7月22日で、抽選会は6月25日。

 選手の負担を考慮し、従来は1日だった健康管理日を2日間に増やすことに加え、3連戦を避けた組み合わせ案が発表された。また、3回戦以降のすべての試合を秋田市のこまちスタジアムで開催することも決まった。これまでは同市の八橋球場と2会場で行われていたが、駐車スペースの問題などがあり、こまちに一本化したという。

     ◇

 評議員・理事会の終了後、秋田県高野連の創立70周年記念式典が秋田市内で開かれた。関係者約150人が参加し、秋田の高校野球の歴史を振り返った。

 式典の冒頭では、全国高校野球選手権大会歌の「栄冠は君に輝く」などを秋田中央高校吹奏楽部の生徒たちが合唱。県高野連の和田央(ひさし)会長は「70周年の節目で気持ちを引き締めて、日々球児たちと向き合っていきたい」と式辞を述べた。

 連盟の発展に尽くした人への感謝状や表彰状の贈呈もあった。受賞者を代表し、県高野連元会長の北林強さんは「10年前に会長だった時、60周年の式典を『栄冠は君に輝く』の大合唱で締めくくったのを思い出します。連盟と各高校の発展を祈念したい」とあいさつした。(高橋杏璃)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン