スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球、来春から申告敬遠を導入 投球制限も決まる

2019年11月29日17時51分

シェア

 日本高校野球連盟は29日、1人の投手の投球数が1週間で500球に達した場合(投球途中に達した場合は対戦中の打者が完了まで)、それ以上の投球を認めない投球数制限を、第92回選抜大会(来年3月19日開幕)を含む来春からのすべての公式戦で実施すると発表した。来シーズンから申告敬遠を導入することも決めた。

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長=中島隆信・慶応大商学部教授)の答申についてこの日、大阪市内で開いた理事会で全会一致で承認した。答申では投球数制限について、3年間はガイドラインとして導入し、周知をはかるとしていたが、日本高野連は「3年間は試行期間」と位置づけたものの、制限を超えての投球を認めないという早期のルール化に踏み込んだ。理事会後、会見に臨んだ日本高野連の八田英二会長は「球児の健康に関わることなので3年間、ゆっくりというわけにはいかない。ペナルティーは設けないが、500球以内のルールは試行期間中も守って頂く」と説明した。

 3年の試行期間後の見直しのため、選手権地方大会のすべての投手の投球データを集め、関節機能検査の対象を現在の選抜、全国選手権に加え、選手権地方大会の準々決勝、準決勝に登板した投手にも広げることを検討する。スポーツ障害についての情報を部員、保護者、指導者が共有できるよう健康調査票を活用していくことも決めた。

 有識者会議が強く求めた3連戦の回避については、都道府県高野連主催の大会などでも原則、実施する。すでに球場使用が決まっているなど、回避できない場合、事前の届け出を求めるとした。(竹田竜世)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン