スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)秋の高校野球 県勢の活躍を振り返る

2019年11月20日03時00分

シェア

 今秋の近畿地区高校野球大会は、天理、智弁学園、奈良大付の県勢3校すべてが8強入りした。優勝した天理は第50回記念明治神宮野球大会でベスト4に。両大会を通じて、いずれのチームも強打が光り、県勢の躍進を印象づけた。

■天理

 近畿大会に奈良3位で出場した天理。初戦で報徳学園(兵庫1位)を破ると、準決勝で今夏の甲子園を制した履正社(大阪2位)を5―4の接戦で破り、決勝の相手は強豪の大阪桐蔭(大阪1位)。打力で圧倒し、12―4で快勝した。

 この大会、下林源太主将(2年)は7割近い打率を残した。エースの庭野夢叶君(2年)や達孝太君(1年)の好投も光り、内野の堅守もあって簡単に安打を許さなかった。

 5年ぶりの明治神宮野球大会は、前回初戦で敗れた仙台育英(東北・宮城)に勝利。瀬千皓君(1年)が2点本塁打を含む5打点の活躍をみせた。準決勝は好投手を擁する中京大中京(東海・愛知)。13安打9得点するも、失策が絡みサヨナラ負け。前回を上回るベスト4で去った。河西陽路君(2年)はこの試合3本塁打で、神宮大会史上最多本塁打数(1試合)を記録した。

■智弁学園

 智弁学園は好機に強い打撃で、近畿大会前の県予選では逆転勝ちを重ねた。決勝の奈良大付戦も逆転勝利を決めた。奈良1位で臨んだ近畿大会。神戸国際大付(兵庫3位)戦は、前川右京君(1年)が2本塁打を放つ活躍を見せた。4強をかけた智弁和歌山(和歌山1位)戦は19安打17得点で乱打戦を制した。準決勝は大阪桐蔭の継投策に阻まれ、5―6で惜敗した。

■奈良大付

 奈良2位の奈良大付は、初戦の近江(滋賀1位)戦で17安打12得点。4番捕手の山本陸君(2年)が攻守の要として活躍した。準々決勝は天理戦。奈良勢同士の対決は3安打に封じられ、持ち味のつなぐ打線を発揮できなかった。(平田瑛美)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン