スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)大阪桐蔭、2年ぶりの優勝ならず 近畿高校野球

2019年11月5日03時00分

シェア

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は4日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝があった。大阪桐蔭(大阪1位)は天理(奈良3位)に4―12で敗れ、2年ぶりの優勝はならなかった。天理は5年ぶり9回目の優勝。15日から東京で開かれる明治神宮野球大会に出場する。

 ■3本塁打浴び涙

 2点先行された大阪桐蔭は一回、西野の本塁打で1点差に迫ったが、六回の2死二塁から本塁打を含む4連打を浴びて5失点したのが響いた。打線は七回まで3安打にとどまったが、八回は無死一、二塁から西野、仲三河の適時打で2点。さらに2死満塁から押し出し四球で1点を追加したが、後続が三振に倒れた。計8安打を放ちながら11残塁と、好機での一本が出ず、涙をのんだ。

 ■課題と成果 浮き彫り

 決勝は相手の先発投手の力強い投球に押され、打線も終盤まで沈黙。だが、準々決勝・準決勝は接戦を制し、粘り強さを発揮できた。課題と成果が浮き彫りになった今大会。選手たちは悔しさをバネに躍進を誓った。

 一回に先行され、すぐ1点差に詰め寄ったが、六回、2死二塁から4連続長短打を浴びて一挙5点を失った。八回にようやく相手の先発投手を捉え始めたが、継投した投手を打ち崩せず、点差を埋められなかった。

 「試合の中で、相手投手に対応できなかった」。3番打者の西野力矢君(2年)は厳しい表情だった。自身は一回に本塁打も放ったが、それから2打席は凡打に倒れた。「苦しい展開の時こそ、好機で打てるようにならないと」

 投手陣も課題を見つけた。先発のエース・藤江星河君(同)は6回を投げ、3度先頭打者に出塁を許し、失点やピンチにつながった。藤江君は「ぎりぎりを攻めようという気持ちだったが、失投も出た。まずは最後まで投げきる体力をつけることを意識して練習したい」と話す。

 準々決勝・準決勝は、ともに先行されたが、追いつき、1点差で勝利した。接戦を勝ち抜いたことは、大きな経験となった。主将の薮井駿之裕君(同)は「負けている状況での気持ちの持ち方など、学べることは多かった。おおざっぱな野球ではなくて緻密な野球を突き詰めていきたい」と力を込めた。(山田健悟)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン