スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜)秋季東海高校野球、県岐阜商は準優勝

2019年11月4日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は3日、岐阜市の長良川球場で決勝があった。県岐阜商(岐阜1位)は中京大中京(愛知1位)と対戦し、終盤に4点差を追いつく粘りを見せたが、6―9で敗れた。準優勝に終わったが、来春の選抜大会出場がほぼ確実となった。

 ■適時打、がむしゃらに 佐々木泰主将

 執念のヘッドスライディングだった。

 4点差で迎えた八回裏。2人の1年生の適時打で2点を返し、なお2死二、三塁。打席に立ったのは、県岐阜商の主将、佐々木泰(たい)選手(2年)。「後輩が頑張っている。自分も負けていられない」。意気込んで3球目を振り抜いたが、打球は三塁方向へ転がった。

 「平凡な当たりだったがとにかく走るしかない」と頭から一塁に飛び込んだ。判定はセーフ。三塁走者をかえす適時打となり、一塁上で大きくほえた。

 「自覚と責任感が足りない」。昨秋、1年生ながら打線の中軸を担うも結果を出せず、鍛治舎巧監督に言われた。三振を恐れず積極的に振るなど、勝ちたい気持ちで押し切るプレーを心がけるようになった。

 来春の選抜大会につながる今大会。主将としての責任感は力みにつながった。準決勝までの2試合で安打は1本。準々決勝ではマウンドにも上がったが、1失点。投打ともに満足できる内容ではなかった。

 この日も、責任感が重くのしかかった。1、2打席目は打ち取られた。リリーフとして七回から登板するも制球が定まらず、2失点。三塁の守備に戻った直後に打球を取りこぼすミスもあった。気持ちを込めたプレーで、反撃の流れを作りたかった。

 主将としての「自覚と責任感」を力にかえる方法はまだ見つかっていない。「東海大会はチームメートが勝たせてくれたので、今度は自分がチームを勝たせたい」。がむしゃらなプレーで来春に向けてチームを引っ張っていくつもりだ。(藤田大道)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン