スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)中京大中京が11年ぶりV 秋の東海高校野球

2019年11月4日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は3日、岐阜県の長良川球場で決勝があり、中京大中京(愛知1位)が県岐阜商(岐阜1位)に9―6で勝った。中京大中京の優勝は11年ぶり10度目で、来春の選抜大会出場をほぼ確実にした。同校は15日から東京で始まる明治神宮野球大会に東海地区代表として出場する。

 ■肩の力抜いて、九回に決勝打 中京大中京・南谷雅貴選手

 八回に4点取られ、追いつかれた。再び突き放したい九回、1死一、三塁の好機で6番打者の南谷雅貴君(2年)に打順が回ってきた。

 「緊張していました」。前の打席では走者一、二塁の好機で凡退。硬い表情で打席に向かう南谷君に、この日、3安打と打線を引っ張った西村友哉君(2年)が駆け寄った。「舞台は整ったぞ」と、笑顔で肩をたたかれた。高橋源一郎監督もスクイズではなく「思い切っていけ」の指示。「とにかく振ろう」と肩の力が抜けた。内角にきた初球。打球は左翼前に落ちた。自身初となる決勝点となった。

 「上位打線は打てる。下位も打って走者をかえせれば、このチームは全国で通用する」。高橋監督の期待に応えるようにこの日は下位打線が5打点と活躍した。南谷君は「自分たちももっと打っていきたい」と神宮大会に向けて意気込んだ。(小松万希子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン