スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島)広島新庄、一歩及ばず 秋季中国高校野球

2019年11月3日03時00分

シェア

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は2日、どらやきドラマチックパーク米子市民球場(鳥取県米子市)で準決勝2試合があった。鳥取城北(鳥取)と倉敷商(岡山)が決勝進出を決め、春の選抜大会出場に大きく前進した。決勝は同球場で3日午前10時から予定されている。

■広島新庄 決勝逃す 11回粘り及ばず

 粘った広島新庄だが、決勝戦に一歩及ばなかった。1点を追う二回、杉井の本塁打で同点に。三回に勝ち越され、2点を追う八回には1死一塁から下の2点本塁打で再び追いついた。延長十一回には下の安打や四死球で2死満塁としたが、後続を断たれた。

 ■「負けを課題に」再び闘志 秋山恭平投手

 「気持ちも球も甘くなってしまった」。一回戦で12奪三振、準々決勝は無四死球、この日も延長十一回まで投げきった秋山恭平君(1年)が目を伏せた。

 初回、1番打者が失策で出塁すると、次打者の適時打で先制を許すなど五回までに4失点。「チームがカバーしてくれているのに、自分が負けてどうする」。六回以降は立ち直った。

 延長十回にはスクイズを封じ、併殺に取ってガッツポーズ。だが十一回、先頭打者への四球など制球も乱れ、3点を奪われた。最後の打者は三振に仕留めたが、肩を落とし、うつむきながらベンチに戻った。「今日の負けを課題に、これから自分のプレーができるよう頑張りたい」。試合後、再び闘志を燃やした。(成田愛恵)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン